退職代行の辞書

1/8ページ
「退職代行の辞書」では、退職や退職代行サービスに関連する単語や用語をシンプルにわかりやすく解説していきます。

固定残業代制とは。意味と退職代行の活用法

固定残業代制とは。   固定残業代制(こていざんぎょうだいせい)とは、会社側が最初から「一定の残業が発生するもの」とみなして、あらかじめ給与にその分の残業代を支給しておく制度であり、みなしで支給された残業代の上限を越えない限りは実際の残業時間にかかわらず、一定の残業代が毎月給与に含まれて固定支給される制度のことを指します。   固定残業代 […]

フレックス制とは。意味と退職代行との関連性

フレックス制(ふれっくすせい)とは   フレックス制(ふれっくすせい)とは、変形労働時間制の一種で、労働者が始業や終業の時間を自由に決めることができる制度のことを指します。 勤務する時間が固定されるわけではなく、労働者が自分の都合に合わせて働き方を柔軟に調整できる制度です。 フレックス制は人によって合う合わないがあり、自分に合わなかった場合には退職 […]

フレックスタイム制度とは。意味

フレックスタイム制度とは。 フレックスタイム制度(ふれっくすたいむせいど)とは、「フレックス制」と同意であり、変形労働時間制の一種です。 >詳しくは「フレックス制とは。意味と退職代行との関連性」参照   退職代行サービスについては「【図解】退職代行とは?今話題の退職代行サービスの疑問やメリットを徹底検証!」または「退職代行サービスとは。意味(退職代 […]

裁量労働時間制とは。意味と退職代行の活用法

裁量労働時間制とは。     裁量労働時間制(さいりょうろうどうじかんせい)とは、【みなし労働時間制】と言われる労働契約の中のひとつであり、「労働時間が労働者の裁量にゆだねられている働き方を指す労働契約」のことです。 裁量労働時間制を悪用していることが原因で退職希望者が退職や転職をするために退職代行サービスへ相談するケースが増えています。 […]

キャリアアンカーとは。意味と退職代行との関係性

キャリアアンカーとは。   キャリアアンカー(きゃりああんかー)とは、自身でキャリア形成する際に、とても重要で譲ることができない価値観や欲求、能力など、不変となる要素を指します。 キャリア形成し、現在勤めている会社や仕事内容にキャリアアンカーと相違がある場合は転職することも選択肢の一つとして考えられています。そのため、早々かつ円満に退職を進めるため […]

変形労働時間制とは。退職代行との関係性

変形労働時間制(へんけいろうどうじかんせい)とは。   変形労働時間制(へんけいろうどうじかんせい)とは、通常の定時(働く曜日や固定された就業時間)が決まった形ではなく、一週間あるいは一ヶ月間または一年単位で会社や労働者が労働時間を調整し(1日の労働時間を繁忙期は長くしてその分閑散期は短くするなど)、その労働時間に合わせて働く労働時間制度を指します […]

みなし労働時間制とは。意味と退職代行との関連性

みなし労働時間制(みなしろうどうじかんせい)とは みなし労働時間制(みなしろうどうじかんせい)とは、労働者が実際に働いた時間の把握が難しい業務などに適用される労働時間制度のことを指し、出勤したその日の労働時間に関わらず、あらかじめ定めておいた時間分を労働したものと「みなす」制度です。 しかし、みなし労働時間と実際の労働時間にギャップがあり、会社とトラブルや労 […]

育児休暇とは。育児休業との違いと退職代行の活用

育児休暇(いくじきゅうか)とは、「育児目的休暇」の事を指しており、配偶者の出産や子供の学校行事参加等に利用できるため、子育てをする方の要望に応えた内容の制度になっています。この後に説明する、育児休業(いくじきゅうぎょう)とは別に取得できる育児の為の休暇制度です。 育児休暇は、育児することを目的として取得する休暇の制度になり、この休暇制度は、平成29年10月1 […]

労働審判とは。意味と退職代行との関連性。

労働審判とは 労働審判(ろうどうしんぱん)とは、労働者側と事業主との間で発生した労働トラブル等について、裁判官1名と労働審判員2名(労働審判委員会)が3回以内を期限として審理し、迅速に紛争を解決するための手続きを指します。 労働審判を行うほどのトラブルでない場合は退職代行サービスを介して退職の申し出や要望を伝える方も増えています。 労働審判によって解決が必要 […]

管理職とは。意味と退職代行での退職。

管理職(かんりしょく)とは企業においてマネジメントの業務に従事している者の呼称で、組織(部門)に対する成果の責任と決裁権を持ち、一般の従業員やメンバーを指揮・管理する社員のことを指します。   管理職という立場上、会社と部下からの板挟みになり、会社を辞めることを決断する管理職の方や会社から執拗に慰留され、手続きが進まずに退職代行サービスを頼る方も少 […]

定年退職とは。意味と退職代行との関連性。

定年退職(ていねんたいしょく)とは、正規雇用として企業に雇われている方の年齢が60歳以上または65歳以上に達することで退職になるこ規定のことを指します。 政府より全ての会社で年齢が65歳に達した者を定年退職とすることを義務化しました。   企業によっては既に定年の年齢を65歳に定めている場合もあるため、自身が勤めている会社が何歳で定年となるか、就業 […]

休業補償とは、意味と退職代行との関連性。

休業補償とは 休業補償(きゅうぎょうほしょう)とは、業務上に起きた疫病や負傷を理由に労働ができず、賃金がもらえない従業員に対し支払われる補償を指します。不測の事態でお店や事業所が臨時休業になった際は、日本政府の特例処置により補償が出ることもあります。   休業補償の手続きをした後や休業補償をもらっている最中でも退職することが可能です。会社に行くこと […]

休業手当とは。意味と退職代行の利用。

休業手当とは。 休業手当(きゅうぎょうてあて)とは、会社側の理由により休業となった際に労働者へ支払われる手当のことを指します。 また、労働者の負傷や疫病などの業務災害(労災)にあってしまい、働けなくなった際に支払われる休業補償とは異なるため、注意が必要です。 休業手当は、会社都合で休業となった際に収入が途絶えてしまうため、生活保障として支払われる手当で、正社 […]

嘱託社員とは。意味と退職代行の活用法。

嘱託社員とは。 嘱託社員(しょくたくしゃいん)とは、会社側と有期雇用契約を結ぶ働き方で、非正規雇用社員のことをいいます。 呼び方は会社によって異なり、契約社員と呼ぶこともあります。 もし嘱託社員として雇用手続きをした後に退職しようと考え、自身で退職を進められない場合は退職代行サービスを使って辞めることも可能です。   嘱託社員として働く際は、今まで […]

労働災害とは。意味

労働災害とは。 労働災害(ろうどうさいがい)とは、「労災」と同意であり、労働者が勤務中または通勤中に被った負傷や疾病、傷害、死亡のことを指す。 >詳しくは「労災とは。意味と退職代行の活用法。」参照   退職代行サービスについては「【図解】退職代行とは?今話題の退職代行サービスの疑問やメリットを徹底検証!」または「退職代行サービスとは。意味(退職代行 […]

労災とは。意味と退職代行の活用法。

労災とは。 労災(ろうさい)とは、労働者が勤務中または通勤中に被った負傷や疾病、傷害、死亡のことを指し、労働災害や労働災害補償保険の略語として使われることがあります。 労災(労働災害)が起こった後、職務に戻れないと判断した際は会社を辞めることも出来ます。自身で辞めることが伝えづらい場合は退職代行サービスを使って伝えることも可能です。 退職代行サービスを利用す […]

内定辞退とは。意味と退職代行の活用法。

内定辞退とは。 内定辞退(ないていじたい)とは、会社から通知された内定を承諾した後、他企業への入社が決定したなどの理由により内定を辞退することを指します。 内定を承諾すると雇用契約の手続きが進んでいきますので、内定承諾後に入社を断る理由が出来た場合、すぐに企業に伝える必要があります。 内定を承諾した後でも内定辞退をすることは可能で、自身で会社側に伝えることが […]

内定とは。意味と退職代行(内定辞退代行)の活用。

内定とは。 内定(ないてい)とは、企業側が新規採用や中途採用をする際に入社希望者へ採用する旨の通知をすることを指し、雇用契約の手続きを進める意図があることを知らせた状態をいいます。 また、既に入社している従業員が昇格・昇給する際、公にする前段階で該当者に昇格・昇給する旨を通知する場合にも用いられます。 企業側の採用活動時には、企業側が出す内定に対して入社希望 […]

働き方改革とは。意味と退職代行との関係性

働き方改革とは。 働き方改革(はたらきかたかいかく)とは、働き方を通じて暮らし方の改善、生き方の充実化を目的とした、国が推進している改革のことを指します。 取り組み内容としては処遇改善や長時間労働の是正、テレワークなどの柔軟な働き方の実現に向けた環境整備など、各分野の取り組みについて言及しています。 劣悪な環境で仕事をしていたことで突然従業員がバックレてしま […]

トライアル雇用とは。制度と退職代行との関係性

トライアル雇用とは。 トライアル雇用(とらいあるこよう)とは、就業経験が少ない転職希望者や障害のある方、しばらく就労から離れていた転職希望者を対象に原則3か月の期間を設けて雇用することを指します。 トライアル雇用を受けるには一定の要件を満たす必要があり、全ての転職希望者がトライアル雇用を受けることはできません。 トライアル雇用は本採用に向けて、企業側と転職希 […]

1 8