退職の相談無料。
退職ストレスからすぐに解放します。

退職代行を使われた会社はショック受ける?退職代行業者が真実を語る

退職代行を使われた会社はショック受ける?退職代行業者が真実を語る

退職代行サービス利用において「退職代行を使われた会社はショックを受けるのか」という疑問に対し、実際に退職代行サービスを行う事業者にしかわからない「退職代行を使われた会社のリアルな反応やリアクション」を、使われたらショックを受けるのかどうかをメインに細かく解説していきたいと思います。

その他にも退職代行サービスでトラブルを避けて円満退職するための事前準備、トラブルを避けるうえでおすすめの退職代行サービスについても紹介しますので、今退職代行サービスを利用してトラブルなく円満退職したいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

結論:退職代行を使われたら少し驚くがショックを受けることはほとんどない!

結論として、退職代行を使われた会社がショックを受けることはほとんどありません。

突然退職代行から連絡がきたことに対して少し驚くことはありますが、その後はトラブルに発展することもなく通常通り退職手続きを進めてくれます。
退職代行を使われたことにショックを受けて会社から嫌がらせをされるのでは、と不安になっている人もいるかもしれませんが、そのようなことはありませんので安心してください。

元を辿れば退職代行サービスを使われた原因は会社にもあるため、ショックを受けるというよりは今後のために退職代行サービスを使われた理由を考えるという会社も多いです。そのため、「会社側にショックを与えるのでは」「トラブルになってしまうのでは」と遠慮して退職を先延ばしにする必要はありません。

また、退職代行サービスを使われたからといって会社側が退職を拒否することは基本的にできません。雇用期間に定めの無い労働者には法律で退職の自由が保障されているため、会社側に原因がある場合はもちろん、退職希望者が望むタイミングでいつでも退職する権利があります。

そのうえで、会社を辞めたいと自分で伝えることが不安という人は、一度退職代行サービスに相談しても良いかもしれません。

退職代行を使われた会社側の反応

退職代行を使われた会社側の反応

退職代行サービスを使われたからといって会社がショックを受けることはほとんどない、というのは上記で解説した通りです。

ここでは、ショックを受けるほかに退職代行サービスを使われた会社の反応としてどのようなものが挙げられるのか、退職代行サービス事業者から聞いた実例をもとに紹介していきます。

前提として、退職代行を使われたからといってトラブルに発展するケースはまずありませんが、会社によって反応は異なりますのでそれぞれ見ていきましょう。

特に驚かない

何度か退職代行サービスを使われたことがある会社の場合、驚いたりショックを受けたりすることもなく淡々と退職手続きを進めてくれます。

この場合、すでに何度か対応しており会社側も慣れているため、トラブルに発展することはまずありません。

また、何度も退職代行を使われている会社は社内でトラブルが多く退職代行サービスが退職するための唯一の選択肢となっている場合もあります。

心配する

本人からの申し出ではなく退職代行サービスを使われたことで、ショックを受けるのではなく精神的に追い込まれた退職希望者を心配する担当者も多いです。

退職を言い出すことが難しくなるほど追い込んでしまったことに責任を感じ、ショックを受けるよりも先に退職希望者の身体的な状況に配慮してくれます。
このような場合、トラブルに発展する可能性は最も低いといえます。

混乱する

退職代行サービス自体が近年注目され始めたサービスのため、地方企業ではまだまだ認知度が低い可能性もあります。

そのような場合、退職代行サービスを使われたことがショックというよりは、退職代行そのものがわからず混乱してしまうことがあります。

そのような場合でも、退職代行サービスの役割を伝えることでトラブルなく退職手続きを進めてくれます。

しょうもない嫌味をグチグチ言う

非常に稀なケースになりますが、完璧なブラック企業になると、退職代行サービスを使われたとショックを受けるどころか、少しでも圧力をかけるために応戦してきます。

嫌味を言ったり、少しでも退職を先延ばしにしたりすることもありますが、あくまでも会社側と直接やりとりするのは退職代行サービスで、退職希望者に直接的な被害はありません。

また、信頼できる退職代行サービスに依頼しておけばこのような対応にも慣れているため、トラブルなくスムーズな退職へと導くことができます。

ショックを受ける

ごく少数派にはなりますが、退職代行を使われたことにショックを受ける会社もないわけではありません。

「もっと早く言ってくれれば…」という担当者もいますが、人間関係が円満だからこそ退職を言い出せないケースや、人事部では把握できていない現場の劣悪な職場環境に悩んでいたケースも考えられます。

たとえ退職代行サービスを使われたことにショックを受けていたとしても、それに関して退職希望者が責任を感じる必要は全くありません。

また、ショックを受けてしまった会社も退職代行サービス事業者から説明すれば納得してもらえる場合がほとんどで、トラブルになることもなく退職手続きを進めてくれます。

円満退職を目指す人が退職代行依頼前にすべき準備とは?

円満退職を目指す人が退職代行依頼前にすべき準備とは?

ここまで、退職代行サービスを使われた会社がショックを受けることはほとんどないことや、ショックを受ける以外で退職代行を使われた会社がみせる反応としてどのようなものがあるかについて解説してきました。

退職代行サービスを利用する人は自分で退職を言い出すことに懸念があって依頼をしているかと思いますが、それがどんな理由であっても、退職するにあたってはできるだけトラブルを避けて円満退職したいというのが一般的でしょう。

ここでは、退職代行サービスを利用してトラブルなく円満退職を目指す人がすべき事前準備を紹介していきます。

使われたことにショックを与えたくないなら

・退職代行サービスから感謝の一言を伝えてもらう
退職代行を使われた会社のショックを和らげる意味で、これまでの感謝を伝えるというのも1つの手です。会社側の担当者も人間ですので、感謝を伝えられて悪い気はしないでしょう。

・会社に配慮した退職理由にする
少しでも会社側のショックを軽減して円満退職したいのであれば、退職理由として伝える内容は会社に配慮したものを伝えると良いでしょう。

生活リズムが変わるため会社に迷惑をかけてしまうなど、会社に影響が出てしまうことを危惧している気持ちが伝わるような退職理由だとトラブル防止にも繋がります。

実際に使える退職理由は下記の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。
最強の退職理由はこれ!嘘でもバレず引き止められない退職理由10選

有給休暇の残日数の確認

有給消化したうえで退職したいと考えている場合には、退職代行を使われた会社側の負担を軽減する意味でも有給休暇の残日数を確認しておきましょう。

有給消化して退職する場合、退職日は有給休暇を使い切った後の日付にする必要があります。退職届にも希望する退職日を記載することになりますが、有給休暇の残日数に関する認識のズレから退職日が間違っていた場合には退職届を再提出する必要があり、その間は会社側の対応も止まってしまいます。

円満退職を叶えたいのであれば、出勤している間に有給休暇の残日数は確認しておいた方がスムーズです。

会社にある私物の持ち帰り

会社にある私物は、退職代行サービスに依頼する前にすべて持ち帰っておきましょう。

依頼後に私物を回収するとなると郵送でやりとりすることになるため手間が増えて会社側に迷惑がかかるのはもちろん、郵送時の送料は退職希望者が負担することになってしまうため、余計な出費も増やしてしまいます。

会社側に破棄を依頼することも可能ではありますが、その場合も手間を増やしてしまうことに変わりはないため、トラブルを避けるためにも自分で持ち帰っておくことをおすすめします。

会社からの貸与物の返却

入社時に貸与されているものは、すべて退職時に返却する必要があります。

最終出勤日までに会社のデスクやロッカーへ戻しておくことで、私物の持ち帰りと同様にお互いの手間を省くことができます。

また、会社からの貸与物を破損してしまうと弁償を求められる場合もありますので、トラブルを防ぐ意味でも普段から貸与物は丁寧に扱うようにしましょう。

可能なら引き継ぎ書の作成

一人で進めていた業務や自分にしかわからない業務がある場合には、引き継ぎ書を作成しておくと迷惑をかけることがなく、トラブルにもならないため円満退職に繋がりやすくなります。

退職代行サービスを利用すれば対面での引き継ぎは必要ありませんが、役職についている場合や自分以外に知っている人がいない業務を担当している場合には、あらかじめ引き継ぎ書を書面などで作成しておくと良いでしょう。

無断欠勤をしない

退職代行サービスの利用を決めたからといって、退職代行サービス事業者から連絡する日までの間を無断欠勤するというのはNG行為です。

無断欠勤すると退職希望者宛てに会社から何度も連絡がくることはもちろん、退職希望者に対する印象が悪くなってしまう可能性もあります。トラブルを避けて円満退職したいと考えているのであれば、無断欠勤は避けることをおすすめします。

退職代行でもショックを与えないおすすめ退職代行2選!

上記では、退職代行サービスを使われた会社がショックを受ける可能性は限りなく低いことや、退職代行を使われた会社の反応例、トラブルを避けて円満退職したい人がすべき事前準備について解説してきました。

ここからは、それらを踏まえたうえでできるだけショックを与えずに即日退職できる退職代行サービスを紹介します。

わたしNEXT<女性の退職代行>

わたしNEXT

女性の退職に特化した退職代行サービス「わたしNEXT<女性の退職代行>」は、5万件以上の退職代行実績を誇る信頼度の高い退職代行サービスです。

これまですべての退職希望者を即日退職へと導いてきた安定感に加えて、不安を抱えた退職希望者を第一に考えた丁寧でスピーディな対応により、女性が選ぶ退職代行サービスランキングで1位を獲得しています。

正社員であれば29,800円、アルバイト・パートは19,800円で依頼でき、労働組合が運営する退職代行サービスとしては最安値に近いうえに追加金額もかからない点も人気の秘訣だといえます。

評価 ★★★★★

5.0

口コミ評価

高評価多数!

返金保証

全額返金保証あり!

24時間対応

LINE・メール・電話

料金 アルバイトまたはパート ¥19,800

正社員、契約社員、業務委託など ¥29,800

支払い方法 銀行振込、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード(LINE PAY、au PAY、dカードプリペイド等)、ペイパル、コンビニ決済、楽天ペイ、PayPay(ペイペイ)、キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、翌月後払い、コンビニ後払い

男の退職代行

男の退職代行TOP

「男の退職代行」は創業以来ずっと退職成功率100%を継続中の退職代行サービスです。

パワハラモラハラに代表されるような体育会系の職場環境など、男性ならではの悩みから退職を考えている人の背中を押し、即日退職を叶えています。また、依頼料金は正社員であれば26,800円、アルバイト・パートは19,800円で、こちらも追加金額は一切発生しません。

業界でも珍しい業務委託契約を含むすべての雇用形態に対応している退職代行サービスであることに加えて、万が一退職できなかった場合には全額返金保証もついているため、安心して依頼が可能です。

評価 ★★★★★

5.0

口コミ評価

高評価多数!

返金保証

全額返金保証あり!

24時間対応

LINE・メール・電話

料金 アルバイトまたはパート ¥19,800

正社員、契約社員、業務委託など ¥26,800

支払い方法 銀行振込、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード(LINE PAY、au PAY、dカードプリペイド等)、ペイパル、コンビニ決済、楽天ペイ、PayPay(ペイペイ)、キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、翌月後払い、コンビニ後払い

退職代行を使われた会社はショック受ける?退職代行業者が真実を語る、まとめ

本記事では、退職代行を使われた会社がショックを受けるのはごく稀なケースであることから始まり、使われた会社側の反応やトラブルを避けるための事前準備、ショックを与えにくい退職代行サービス事業者について紹介してきました。

退職代行サービスを利用することで使われた側の会社にショックを与えてしまうのではと不安になっている人もいるかもしれませんが、そもそも退職代行を使わないと辞められないような職場環境を放置している会社側にも責任はあります。

そのため、退職代行を使われたことで会社がショックを受けるかどうかではなく、まずは自分自身の体調や精神面を第一に考えて行動することが大切だといえるでしょう。

今退職を希望している皆さんが、トラブルになることなく即日退職を叶えることができることを祈っています。

≫ カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

「退職代行サービス」の利用について

わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行」の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

 

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

 

男の退職代行ロゴ

TOP