退職の相談無料。
退職ストレスからすぐに解放します。

【例文あり】試用期間中も即日退職OK!流れと対処法をズバリ解説

【例文あり】試用期間中も即日退職できる!適切な流れと注意点とは

たとえ試用期間であっても、即日退職することは可能です。

ただ、自力で即日退職できるのはやむを得ない理由がある場合に限られるため、注意が必要です。

自力で話を進めることが難しい場合は退職代行サービスを利用することで、試用期間中であっても即日退職することが可能です。

本記事では、試用期間に退職するときの流れや対処法、退職やその理由をメールで伝える際のテンプレートのほか、自力で退職することが難しい場合の方法としておすすめの退職代行サービスについても紹介していきます。

結論:試用期間中でも退職は可能!

結論:試用期間中でも退職は可能!
冒頭でも触れているように、たとえ試用期間中であっても即日退職することは可能です。

一方で、業務に支障が出るような病気やケガ、会社側の問題(パワハラや給料の未払いなど)のようなやむを得ない理由がない限り自力での即日退職は難しく、一般的な退職手順を踏むことになります。

そもそも試用期間とは、企業が採用予定者の適性や能力、人柄を見ながら本採用するかどうかを判断するための期間のことで、入社後1ヶ月から半年程度の期間を設けられていることが一般的です。

適性を見定めることによってミスマッチを防ぐことができれば離職率の低下に繋がるため、現在では多くの企業で導入されています。

試用期間中に退職するときの流れとは

試用期間中も退職可能であることはお伝えしたとおりですが、退職するためにはいくつかの手順を踏み、適切な流れで退職手続きを進めていく必要があります。

ここからは、退職するための流れについて解説していきます。

直属の上司に相談する

まずは、直属の上司に退職したい旨とその理由を相談するようにしましょう。

入社してからの期間が短い場合には「上司との関係性ができておらず言い出しにくい」という場合もあるかもしれませんが、万が一直属の上司を飛ばして他の上司に退職意思を伝えてしまうと思わぬトラブルに繋がってしまう場合もあります。

例えば、情報伝達がうまくできていないことによりトラブルになる、社内での直属の上司に対する信頼度が下がるなどの事態に陥った場合、退職手続きの中で退職希望者に何かしらの不都合があるかもしれません。

もし試用期間中のため配属部署が決定されておらず直属の上司がわからないという場合には、人事担当者へ連絡するようにしましょう。

退職届を提出する

試用期間であっても、一般的には退職届を提出する必要があります。

会社によっては指定のフォーマットがあることも考えられるため、あらかじめ上司または人事担当者へ確認しておくとスムーズです。

特に決まったフォーマットがないという場合には、下記の記事で退職届のフォーマットや自動で退職届を作成してくれるアプリについて紹介していますので、ぜひ活用してみてください。

【退職届テンプレ】図解でらくちん。退職届の書き方、永久保存版

引き継ぎを行う

試用期間だとしても社員であることには変わりありませんので、これまで行ってきた業務に関する引き継ぎを求められる可能があります。

退職届を提出して退職日が決定したら、出社している期間に業務に関する引き継ぎを行いましょう。

いつでも後任者が見返すことができるようにデータや書面で作成しておくことはもちろん、複雑な部分や文字だけではわかりにくい部分については必要に応じて口頭での説明も必要になるでしょう。

試用期間中に退職するための対処法と注意点!

試用期間中に退職するための対処法と注意点!
試用期間中に退職する際の流れについては上記で説明したとおりです。

ただ、退職を伝える方法としてはいくつかの選択肢があるため、ここでは試用期間中に退職意思を伝えるための対処法3つと、その注意点について紹介します。

これから紹介する中から自分に適した方法を選択すると良いでしょう。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスを使えば、退職代行サービス事業者が退職希望者に代わって退職意思やその理由を会社に伝えることになります。

書類の準備や受け取りなどは退職希望者が郵送でやりとりすることになりますが、退職手続きの進捗確認などに関する会社との直接的なやりとりは退職代行サービス事業者が行います。

退職意思やその理由を自力で伝えることに抵抗があるという場合には、退職代行サービスの活用も検討してみると良いでしょう。

自分で上司に相談する

最もスタンダードな方法としては、直接上司に相談する方法が挙げられます。

即日退職を考えるに至った理由を対面でしっかりと伝えることによって、場合によっては理解を示してくれることもあるかもしれません。

ただし、試用期間中の場合は入社してから日が浅い傾向にあるため、上司に直接即日退職を申し出るというのは難しいでしょう。

また、退職理由が直属の上司にあるということも考えられます。

そのような場合には、これから紹介する2つの方法から自分に適した方法を選択することをおすすめします。

メールで即日退職した旨を伝える

退職意思とその理由を伝える場合には直接顔を合わせて伝える方法が一般的であるものの、メールで伝えたとしても法律的に問題はありません。

ただしマナー違反だと捉えられる可能性もあり、その後の退職手続きで気まずい思いをすることもありますので、メールで退職意思や退職理由を伝える場合にはできるだけ丁寧な文面で、会社へのネガティブな意見にならないように作成するよう注意しましょう。

このあと退職を伝える際のメール文面についても退職理由別に紹介しているため、退職意思や理由をメールで伝える場合にはそちらもぜひ参考にしてみてください。

一方で、メールで退職意思やその理由を伝えたとしても、結局は出社して引き継ぎや退職手続きを行うことになるため、上司の顔も見たくないという人には適していない方法だといえるでしょう。

退職代行サービスの活用でよりスムーズな退職を!

退職代行サービスとは

上記では、試用期間中に退職するための対処法と注意点について解説してきました。

特に、対処法の3つ目として紹介した退職代行サービスの利用については、退職希望者の懸念や不安を払拭した上で即日退職できる唯一の方法だといえます。

退職代行サービスは、退職代行サービス事業者が退職希望者に代わって会社へ退職意思やその理由を伝えるというもので、退職希望者は依頼したその日から退職日まで出社する必要がなく、即日退職が可能になります。

また退職代行サービス事業者は、退職意思を伝えると同時に退職希望者やその家族に対する直接の連絡を控えるように会社へ伝えるため、会社から退職希望者へ連絡が来ることはまずありません。

試用期間中に即日退職したいと考えている人の中には、「事前に聞いていた業務内容と配属先での業務内容が違う」「社内風土に馴染める気がしない」「自分の能力以上のことを求められて精神的に辛い」など、様々な理由を抱えているかと思います。

さらに、様々な要因によるストレスが蓄積され、精神的にもダメージを受けていることでしょう。

今でも精神的に限界が近い状態でありながら、さらに自力で退職意思を伝えて即日退職の申し出をするというのは、相当ハードルの高い行為です。

退職代行サービスを利用して、会社に出社することなく、上司と直接やりとりすることもなく、精神的なストレスを軽減しながら即日退職することで、より早く次の職場での活躍に向けて動き出すことができるはずです。

試用期間中の退職に強い退職代行サービス事業者2選

上記では退職代行サービスがどのような対応を行ってくれるのか、その基礎知識を紹介しましたが、ここからはそれらを踏まえた上でおすすめの退職代行サービスを2つ紹介していきます。

わたしNEXT<女性の退職代行>
わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴ横

「わたしNEXT<女性の退職代行>」は退職成功率100%と高い信頼度を誇っている退職代行サービスで、女性に特化している点でも注目を集めています。

人間関係での悩みなど、女性が不安を感じやすいポイントにも配慮した丁寧な対応が話題を呼び、退職代行サービスの口コミランキングサイトでも高い評価を得ている点でおすすめの退職代行サービスです。

また、団体交渉権が認められている労働組合が運営する退職代行サービスであるため、退職意思を伝えることはもちろん、有給消化や未払い賃金に関する交渉も行うことができます。安心感と満足度の観点で、他の退職代行サービスとは一線を画しているといえます。

【完全版】わたしNEXT女性の退職代行のすべて!全サービスを運営者が徹底解説!

男の退職代行
男の退職代行ロゴ

「男の退職代行」は男性向けの退職代行サービスで、20代30代男性が選ぶ退職代行サービス部門では1位を獲得しています。

退職代行サービス業界でも最長レベルの創業年数であることや、5万件以上の実績があるというのも信頼に強く結びついており、現在もすべての依頼者を無事に退職へと導き続けています。

また、確実な対応とスピード感が特徴の「男の退職代行」は、男性ならではの職場の悩みにもこれまでのノウハウをもとに迅速な対応が可能な退職代行サービスです。

すべての職種、雇用形態に対応しているため、職種や雇用形態を理由に他の退職代行サービスで断られた場合であっても粘り強く対応し退職へと導くことができます。

【完全版】これが男の退職代行のすべて!運営者が全サービスを解説!

試用期間中の退職を伝えるメール文面はこれ!

「試用期間中に退職するための対処法と注意点!」の2つ目として、メールで退職したい旨を伝えるという方法を紹介しましたが、ここでは具体的にどのようなメール文面で送れば良いのか、そのテンプレートを紹介していきます。

配属部署での業務内容が希望と違う場合

業務内容が入社前に聞いていたとものと異なっているなど、希望とは異なる職務についているため退職したいという場合には、ネガティブにならないような伝え方を意識しましょう。

【件名】退職のお願い

【本文】〇〇様
お疲れ様です。〇〇です。
突然のご相談となってしまい大変恐縮ではございますが、〇月〇日付けで退職したくご連絡いたしました。

〇〇に携わりたく入社いたしましたが、現在は〇〇に関する業務が多く、私自身が挑戦したい業務とのズレを感じております。試用期間中での退職となってしまい大変申し訳ございません。

また、直接ご連絡すべきところメールでのご連絡となってしまったこと、重ねてお詫び申し上げます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

突然の病気やケガによる場合

病気やケガなどが理由の場合には、メールで退職意思を伝えるとともに医師の診断書も提出することで、よりスムーズに退職することができるでしょう。メール文面の一例は下記となります。

【件名】退職のお願い

【本文】〇〇様

お疲れ様です。〇〇です。

突然のご相談となってしまい大変恐縮ではございますが、〇月〇日付けで退職したくご連絡いたしました。

先日より体調不良が続いており、診察を受けたところ〇〇と診断されました。今後も継続的に通院が必要となるほか、体力的にもこのまま仕事を続けていくことは難しいと感じております。

試用期間中の申し出となってしまったことに加えて、本来であれば直接お話すべきところ、メールでのご連絡となってしまい申し訳ございません。
ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

親の介護など家庭の事情が原因の場合

家族に関わる理由の場合は、それらを正直に伝えることで会社側としても理解を示してくれる可能性があります。
メール文面の一例は下記となります。

【件名】退職のお願い

【本文】〇〇様

お疲れ様です。〇〇です。

突然のご相談となってしまい大変恐縮ではございますが、母親の介護のため仕事とのバランスを保つことが難しく、〇月〇日付けで退職したくご連絡いたしました。

試用期間中での退職となってしまい大変申し訳ございません。
また、本来であれば直接お話すべきところ、メールでのご連絡となってしまったこと、大変恐縮でございます。

兄弟がおらず私自身が介護する他に選択肢がないため、今回の退職につきましてご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

社内風土に適応できない場合

「入社してみると思っていたイメージと違った」「体育会系のムーブについていけない」など、入社してみて初めてわかる空気感にギャップを感じ、退職を決意するということは珍しくありません。

この場合には、部署異動などを理由にした引き止めに遭わないよう、確固たる意志を伝える必要があります。

【件名】退職のお願い

【本文】〇〇様

お疲れ様です。〇〇です。

突然のご相談となってしまい大変恐縮ではございますが、〇月〇日付けで退職したくご連絡いたしました。

私自身の性格的な問題により社内風土に馴染むことが難しく、これまで努力いたしましたが精神的に厳しいと感じております。

試用期間中の申し出によりご迷惑をおかけしてしまうことに加えて、メールでのご連絡となってしまったこと大変申し訳ございません。

ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

【例文あり】試用期間中も即日退職OK!流れと対処法をズバリ解説、まとめ

本記事では、試用期間中でも即日退職したい場合の適切な流れや対処法、メール例文について紹介してきました。

繰り返しお伝えしているとおり、試用期間中に自力で即日退職することは可能ですが、即日退職ができるのはやむを得ない理由がある場合のみです。

退職理由がそれに当てはまらない場合、自力で退職するのであれば退職手続きを行う間は出社するしかないため、即日退職することは難しいでしょう。

一方で、対処法の1つとして挙げている退職代行サービスについては、唯一退職理由が何であっても退職意思を伝えた後は出社する必要がなく、即日退職を叶えることができる方法です。

退職代行サービスを利用すれば、退職代行サービス事業者が退職希望者の代わりに会社へ退職手続きの進捗確認やそれに関するやりとりを行うため、即日退職が可能になります。

退職希望者は退職代行サービス事業者を通して会社へ退職に関する希望を伝え、会社側もまた退職代行サービス事業者を通して退職希望者へ伝えたい内容を伝えます。

明日からもう出社したくない、試用期間だけど即日退職したい、転職に向けてできるだけ早く動き出したいという人は、ぜひ退職代行サービスの利用を検討してみてください。

≫ カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

「退職代行サービス」の利用について

わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行」の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

 

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

 

男の退職代行ロゴ

TOP