退職代行サービスに依頼すれば自分でやらなくてよくなる5つとは

退職代行サービスに依頼すれば自分でやらなくてよくなる5つとは

会社を辞めると決めるまで、悩み・苦しみ、そして相当な葛藤があったのではないでしょうか?
そして、いざ会社を辞めるとなると、自分でしなくてはいけないことが山積みです。それを1つ1つ自分で処理していくのは大変な労力を伴い、精神も疲弊します。

退職代行サービスに依頼すると、自分でやらなくても良いことが5つもあります。ですが、やらなければいけないこともあります。

今回は退職代行サービスに依頼すると何をしてくれるのか?また自分でしなくてはいけない事は何なのかをご紹介していきたいと思います。

【退職代行サービスに依頼すると自分でやらなくてよくなること】

退職代行サービスに依頼すると自分でやらなくてよくなること

<その1>退職の意思を自分で会社に伝えなくてよくなる

退職代行サービスに依頼する一番のメリットは、自分で会社に「辞める」と言わなくて済むことです。

会社を辞めるのに一番重要なことは、会社へ自分の退職の意思を伝えることにあります。

当然ですが退職の意志を会社に伝えなければ、会社を辞めることは出来ないためです。
しかし自分で会社に「辞める」と言えない人は数多くいます。

在職中にパワハラや嫌がらせを受けたり、不当残業などが横行している、いわゆるブラック企業ではそう簡単に「辞める」とは言えないのが現状です。

退職代行サービスは、辞めるという意思を会社に代わりに伝えてくれますので、上司や人事部の前で辛く嫌な思いをして自ら退職を伝える必要もありません。
そのため、嫌味を言われることも、聞くこともないないのでストレスなく退職を伝えることができます。

<その2>私物の整理や返却物を返すために会社に行かなくてよくなる

会社で仕事をする際、使い慣れた文房具や、その他業務で使用する道具でも、自分の物が使い易いということで、私物を持ち込み業務の効率をあげている場合があります。

しかし、会社へは出勤せずに辞める決意をしたならば、置いてきた私物はどうなるのでしょうか?
私物だけではありません。会社から貸与されているもの(制服・靴・健康保険証・社員証・ロッカーキーなど)もきちんと整理して返却しなければならないのです。

本来であれば、自分の私物や貸与品は会社に赴き、整理するのが一般的なのですが、退職代行サービスに依頼すれば、私物や貸与品の返却の為だけに会社へ行かなくても済みます。なぜなら退職代行サービスから私物や貸与品の整理及び処分の方法も会社へ要望を伝えてもらえるからです。

退職代行サービスへは、どのような私物があり、処分してもらう物・返却して欲しい物・貸与品の返却方法などを事前に説明しておき、会社へ伝えてもらうと良いでしょう。

<その3>上司や同僚からの無用な引き留めや詮索、説教などを受けなくて済む

現代では、会社は慢性的な人手不足に悩んでおり、せっかく入社してきた者を手放したくない。という思いが蔓延しています。

そんな中、会社を辞めたい、と申し出てもすんなりと承諾してもらえることは難しいでしょう。まずは上司からの引き留めや説教があり、上司が説得出来なければ上司から同僚へ話がいき、同僚からも執拗な詮索や引き留めが始まります。そうなると精神的なダメージを受け、会社を辞めるどころではなくなってしまう可能性が大いにあります。

退職代行サービスに依頼すれば、会社に行かなくて済むので、そのような上司や同僚からの引き留めや説教、詮索などを受けなくて済みます。

<その4>退職を伝えてから退職日までの気まずい日々を過ごさなくてよくなる

自ら会社に退職を伝えてから退職日まで、嫌な思いも気まずい思いもせず、円満に会社を辞めることなど出来るのでしょうか?退職を伝えてから晴れて退職の日を迎えるまで、自分が退職することを知っている上司や同僚は今まで通り変わらない態度でいてくれるのか、と心配になるのは当然です。

退職を伝えてから業務内容が大幅に変わり、周囲から口をきいてもらえなかった、という話も良く聞きます。

退職を伝えてから実際に会社を辞める日まで、少なくとも数週間から多くて数か月もかかるケースもあります。その期間どのような心持ちで会社へ行けば良いのだろうかと、頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

しかし退職代行サービスから退職を伝えてもらえば、会社に行かなくても済むので、このような理不尽な環境に身を置き、精神を病むことはないのです。

<その5>退職に関して悩まなくてよくなる

会社を辞める決意はしても、上司が怖くて中々退職を言い出せない。

やっとの思いで退職を伝えても、はぐらかさせたり、聞き入れてもらえない、など、退職に関してモヤモヤした感情をもったり、マイナス思考に陥ってしまう退職希望者の方もいます。

しかし退職代行サービスに依頼をすれば、会社側と直接話さなくて済むので、そのような思いをせずに退職することが出来るのです。

【退職代行サービスに依頼しても自分でやらないといけないこと】

退職代行サービスに依頼しても自分でやらないといけないこと

〇退職代行サービスへの依頼

会社を辞めると決断しても、行動に移さなければ退職することは出来ません。

退職代行サービスを利用して会社を辞める場合、まずは退職代行サービスへ退職代行の依頼をしなければなりません。
依頼といっても、スマホアプリのラインやメールなどからは24時間相談出来ます。もちろん電話でも相談可能です。

多くの退職代行サービスは無料で相談に乗ってくれますので、まずは無料相談を受けてみて、納得してから退職代行サービスに依頼するのがいいでしょう。

〇退職代行サービスへ状況や要望を伝える

退職代行サービスへ依頼するときには、現在の状況や何日付で会社を辞めたいのか、退職理由などを明確に伝えます。

会社には出勤せず、即日辞めたい。という相談もOKです。

また有給休暇を使用しての退職や、会社から発行される退職書類について会社へ要望の伝達と、その退職書類をいつ頃発行してもらえるのかも退職代行サービスから確認してもらえますので希望を伝えましょう。

〇退職届など書類の作成・郵送

会社を辞める際には退職届を作成します。退職届は退職代行サービスでは作成は出来ないので、自分で作成し郵送します。

会社によっては退職願・退職届の両方の提出を求められることや、会社規定のもので提出するように求められることもあるので、退職代行サービスに確認してもらい会社が指定するものを提出します。

退職届の提出方法は、手渡しでなければいけない!などと決められていないので郵送でも大丈夫です。
郵送の際、なるべく配達の証明が取れるものやすぐに着く速達で郵送するのが良いでしょう。
また退職届を会社へ郵送する前に必ずコピーをとり、自分の控えとしておきましょう。

〇返却物の郵送

会社に置いてきてしまった私物、貸与物については、退職代行サービスを通じて返送方法を確認してもらいます。

私物返却については着払いなのか、会社からの貸与物は配達記録が残るもので返却した方が良いのかなど、送った、受け取っていない、のトラブルにならないためにも、しっかり確認しておきます。

退職代行サービスは、会社から返却及び郵送方法を聞き、退職希望者に伝えてくれますが、会社への郵送は直接行います。

【まとめ】

退職代行サービスに依頼すれば自分でやらなくてよくなる5つとは
いかがでしたでしょうか。

退職代行サービスに退職依頼をすると
退職の意思を自分で会社に伝えなくてよくなる
・私物の整理や返却物を返すために会社に行かなくてよくなる
・上司や同僚からの無用な引き留めや説教、詮索を受けなくてよくなる
・退職を伝えてから退職日までの気まずい日々を過ごさなくてよくなる
・退職に関して悩まなくてよくなる
など、退職を言い出せない苦しみや、退職を伝えた後に感じる気まずさなどを抱え込まずに済みます。

一方、退職代行サービスに依頼しても自分でやらなければいけないことは
・退職代行サービスへの退職代行の依頼
・退職代行サービスへ状況や要望を伝える
退職届など書類の作成・郵送
・返却物の郵送
などがお分かりいただけたかと思います。

退職代行サービスではラインやメール・電話で相談を受けてくれ、退職に関しての心配事が少しでも和らぐよう手助けしてくれますので、退職に悩んでいる方は安心して相談されると良いでしょう。

» カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

株式会社インクルでは、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

株式会社インクルの退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職サポートのご利用で転職お祝い金5万円のプレゼントもしています。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ