退職に失敗しないベストタイミングはココだ!退職代行で懲戒解雇を回避

退職に失敗しないベストタイミングはココだ!退職代行で懲戒解雇を回避

仕事をしている方の中には多くのストレスを抱え、退職を考えている方もいらっしゃることでしょう。
退職したいけれど、様々な理由から退職しづらい状況にあるという方は多いと思います。

退職の意思を伝えるという行為は言い出しづらく、ハードルが高いものです。
退職すると伝えたら怒られるんじゃないか、失敗したら懲戒解雇されるんじゃないかと心配している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、懲戒解雇にならない理由や退職に係わるトラブルを避けるため、退職しやすいタイミングを紹介します。また、退職を伝えるのが難しいと悩んでいる方に向けて退職代行サービスを利用するメリットについても説明しています。
この記事を参考にしていただければ不安なく退職する、安心して退職代行サービスを利用することができると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただくことをおすすめします。

 

退職に失敗したら懲戒解雇になる?

退職に失敗しないベストタイミングはココだ!退職代行で懲戒解雇を回避

ここでは、退職を伝えたあとで懲戒解雇などの不利益を会社から被る可能性があるかを解説します。

結論から言うと、退職で懲戒解雇になることはありません
退職は労働者の権利ですので、雇用期間に定めが無いときは、労働者が退職の意志を示してから2週間が経過すれば雇用関係は無くなります。

ただし、中にはブラックな会社が懲戒解雇をちらつかせて引き留めようとすることがあるかもしれませんが、本当に懲戒解雇にしようとしたり実際に懲戒解雇を言い渡したりしたとしても、そのような懲戒解雇は無効になります。そのため、退職するだけで会社から懲戒解雇を受けることはありません。
それでも、言われること自体が心配という方は、労働組合や弁護士の退職代行サービスを利用することで防ぐことが可能となります。

 

また、スムーズに退職を進めるためにはタイミングを計る必要があります。
決算期などの繁忙期に人員が減少することは会社にとって痛手です。
退職の意思を伝えても引き留められたり、聞き入れてもらえなかったり、退職が失敗することもあります。
懲戒解雇になることはありませんが、そうならないためにも双方のストレスを減らし、退職手続きをスムーズに進められるよう円満退職に向けて双方が努力すべきです。

 

また、会社が明らかな不利益を被るような辞め方はトラブルの元になるため慎むべきです。
例えば、客先と商談中にいきなり音信不通になる、引き継ぎを拒否するなど、会社の経営に損害を与えたとみなされれば損害賠償を請求される可能性もあります。

では、円満退職するためにはどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。
次からは、円満退職できる可能性が高い退職のベストタイミングと退職代行サービスの活用法について解説します。

 

退職に失敗しないベストタイミングはいつ?

退職に失敗しないベストタイミングはココだ!退職代行で懲戒解雇を回避

一年の中には退職に向いているタイミングというものがあります。
会社から見て退職者が出ても影響が少ないタイミングと、労働者から見て有利に働くタイミングに分けて考えることができます。
詳しく確認していきましょう。

 

会社から見た退職に向いているタイミング

会社として労働者に退職してほしくないタイミングは繁忙期です。
日本の会社はヒューマンリソースが潤沢でない場合がほとんどで、限られた人員をやりくりして営業を行っています。

よって、繁忙期に人員が退職することは会社にとって大きな痛手となるのです。
イベントや決算期が集中する3月、12月が繁忙期となる業界が多く、会社から見た場合、従業員の協力が欲しい月となります。

逆にそれ以外であれば、従業員の退職による影響は比較的少ないと言えます。

 

従業員から見た退職に向いているタイミング

一般職業紹介状況(職業安定業務統計)の「一般職業紹介状況(パートタイム含む)」によると、新規求人数の実数は1〜3月と10月に求人数が多い傾向にあります。
求人数が多いので、転職活動が有利になる月であると言えるでしょう。

退職に向いたタイミングをまとめると、9月に退職し、10月に転職活動を行うのがおすすめなベストタイミングと言えます。
1〜3月も求人数は多いのですが、1月に退職した場合、年始であるため企業の採用活動は鈍い傾向にあります。
2、3月は多くの会社で決算期に向けて繁忙期となるため、退職は避けたほうが良いでしょう。

 

以上のように、退職に向いたタイミングを念頭に手続きを進めたいところですが、引き留めや拒否に合い退職が失敗する場合があります。
さらにストレスなどで心身に症状が出ている状況では、タイミングに限らず退職することをおすすめしますが、前述した通り、場合によっては退職トラブルや失敗することもありますので、そのような不安がある場合は退職のプロである退職代行サービスを活用するという選択肢も視野に入れ、ベストな方法を選択する必要があります。

次ではその退職代行サービスを活用することのメリットについて解説していきたいと思います。

 

退職に失敗しない退職代行サービス!利用することで得られるメリットとは

退職に失敗しないベストタイミングはココだ!退職代行で懲戒解雇を回避

自分自身で退職を申し入れたけど会社から断られた、引き留められてしまい退職に失敗した、または退職を申し入れるタイミングがわからなくて悩んでいるといった方は退職代行サービスを頼ってください。
退職がうまく進んでいないタイミングは退職代行サービスを利用するベストなタイミングと言えるでしょう。

 

退職代行サービスは、退職の意思表示、会社との退職手続きを代行する便利なサービスです。
これまでも多くの人が退職代行サービスを利用し、失敗することなく即日退職を実現しています。
ここでは、退職代行サービスのメリットについて解説していますので参考にしてみてください。
ここでの退職代行サービスはわたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行のサービス内容を想定しており、どこでも同じということではありませんのでご注意ください。

 

その日から会社に行かなくて良い

退職代行サービスの一番のメリットは、依頼したその日から会社に行く必要がなくなることです。
言い出しづらい退職の意思表示や面倒な退職手続きを退職代行サービスに任せてしまうことが可能なのです。

 

トラブル無く確実に退職できる

繁忙期に退職を切り出すと、会社から業務の停滞を理由とする懲戒解雇や損害賠償の請求を起こされることが稀にあるようです。
しかし、業務の停滞などを理由とする要求のほとんどが法的根拠のないものです。
退職代行サービスには労働組合や弁護士も多く、そのような退職代行サービスなら不当な要求に対して恐れることなく、安心して対応を任せることができます。

 

退職に伴う要望を伝えられる

退職代行サービスは、会社に対する要望を代行して伝達することができます。
近年増えているブラック企業など、コンプライアンス意識の希薄な企業は有給休暇取得を認めない傾向があります。

有給休暇は法律で定められた従業員の権利であり、その行使を会社側は基本的に拒むことはできません。
退職時に消化したいけど言い出しづらい。
そんな時に退職代行サービスに依頼することで、有給休暇の全消化が実現できるのです。

ここまで退職代行サービスのメリットをご紹介しました。
やむなく退職を選択する際は、退職代行サービスの利用も検討すると良いでしょう。
失敗することなくスムーズに退職することが可能となるはずです。

 

退職代行サービスでトラブルなく退職できた!退職成功体験談

退職に失敗しないベストタイミングはココだ!退職代行で懲戒解雇を回避

ここでは繁忙期に退職代行サービスを利用し、退職に成功した成功体験談をご紹介します。
ご自身の状況と比較しながらご覧ください。

 

〇経理部所属 30歳 男性
入社から8年、経理部として勤めてきました。
公認会計士試験に合格したときから転職を考えていましたが、思うように退職の話が進みませんでした。
理由は決算期の目が回るような忙しさのためです。

年明けから3月末までは決算期で、経理部員は休むことは許されないというのが暗黙の了解でした。
新しい会社の4月入社に合わせて退職するとはなかなか言い出せず、困り果てていました。

このままでは退職が失敗するのではと思っていた時に退職代行サービスの男の退職代行を知り、利用することにしたのです。
退職の意思表示と退職手続きをスムーズに進めることができ、繁忙期というタイミングでしたがトラブルなく退職することができました。
今は新しい会社でのびのび働いています。

〇飲食店勤務 25歳 女性
飲食店に勤務して4年になります。
休みが取りづらく肉体的にハードな業種であり、長くは続かないと考えていました。

転職先から内定が出たため店長に話したところ「繁忙期に辞めるとは何事だ」と怒られ拒否されました。
年末年始は何かとイベントが多く、飲食店は繁忙期に入ります。
店長から辞める話が伝わったのか、同僚からも白い目で見られるようになり、段々と気持ちが塞ぐようになっていきました。

長い期間働き、多少の愛着があった職場ですが、もうここには居られないと考え退職代行サービスであるわたしNEXTさんに依頼することにしました。
それからというもの、会社に出社することなくスムーズに退職手続きが進みました。
今は違う業界で頑張っています。
あの時勇気を出して退職代行サービスに依頼して正解だったと思います。

 

まとめ

求人数や職場の繁忙具合から、退職に適したタイミングというものがあり、退職をベストタイミングに合わせると有利な転職活動が期待できます。
繁忙期ではないことが多い9月に退職し、求人数が多い10月に転職活動をするのがおすすめのタイミングです。

また、繁忙期に退職することを理由に懲戒解雇されることもありませんが、退職を拒否される、強く引き留められるといった事例は発生しています。
継続して働くことでストレスにより心身に影響が出てしまっている場合は無理をする必要はありません。

退職代行サービスに依頼することで様々なメリットが生まれるため、依頼して退職することも検討しましょう。
辞めたいと思った時が退職代行サービスを利用する良いタイミングです。退職代行サービスが新たな一歩を踏み出す手助けになれば幸いです。

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ