休業補償とは、意味と退職代行との関連性。

休業補償とは、意味と退職代行との関連性。

休業補償とは

休業補償(きゅうぎょうほしょう)とは、業務上に起きた疫病や負傷を理由に労働ができず、賃金がもらえない従業員に対し支払われる補償を指します。不測の事態でお店や事業所が臨時休業になった際は、日本政府の特例処置により補償が出ることもあります。

 

休業補償の手続きをした後や休業補償をもらっている最中でも退職することが可能です。会社に行くことが困難な場合は退職代行サービスを利用し、会社へ行かずに退職手続きを進めることができます。

 

休業補償は雇用保険の加入手続きをしていなくても、条件が当てはまる人であれば補償を受けることができます
休業補償を受けるには、下記条件に全て当てはまる必要があります。

 

1.業務上又は通勤中による負傷や疾病が発生した場合
2.待期期間が3日間以上経過している
3.労働するのが難しい
4.一日の平均賃金の6割以下の支給額しか貰っていない

 

休業補償を申請する際は、自身の申請先や申請方法をあらかじめ確認しておくとスムーズに申請手続きができます。
雇用保険に加入されている場合はお勤め先の企業へ申請し、加入していない場合は労働基準監督署に申請する必要があります。

 

会社側は従業員から休業補償の申し出があった際、速やかに休業補償の手続きをしなくてはいけません。
ただし、従業員からの申請があっても条件が当てはまっていない場合や有給休暇の消化期間に該当しているなど、併用での申請ができないため注意が必要です。

また休業補償を受けるまで、手続きに1~2カ月ほど時間がかかる場合があるため、休業補償に該当する場合は速やかに手続きを開始することで自身の負担も軽減できます。会社に入社した際は、申請方法を確認しておくことが大事です。

 

退職代行サービスを利用することで、休業補償を受けていても会社を辞めることができます

退職代行サービスは退職する際に自身で会社側と直接話さなくて良いため、退職に伴うストレスや負担を軽減できることから、退職代行サービスは会社を辞める方法として注目されているサービスです。

 

休業補償は誰でも受けられる補償ですが、手続きをした後に会社を辞める意思を伝えにくいなど、自分自身で退職の旨を伝えることが困難な場合は退職代行サービスを使って辞めるのも1つの方法です。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ