退職代行サービスとは。意味

退職代行サービスとは。意味

退職代行サービスとは。

退職代行サービス(たいしょくだいこうさーびす)とは、退職したい本人に代わって退職の申し出を代行してくれるサービスのことをいいます。

様々な事情で会社を辞めたくても辞められない人や退職を言い出せない人が退職代行サービスに依頼をすることで、会社に退職の意思を代わりに伝えてもらえ、退職に関わる連絡についても会社と直接やり取りすることなく退職代行サービスが本人と会社の間に入り連絡係としての役割を果たします。

退職代行サービスには民間事業者と弁護士の2種類があります。

 

退職は本来、自分自身でおこなうことですが、パワハラなどの諸事情で会社に退職を言い出せなかったり、会社が退職の承認をしてくれなかったりした場合などに会社と直接やり取りせずに退職を進める手段として退職代行サービスが利用されています。

流れとしては、会社を辞めたい人が退職代行サービスに相談、依頼をし、退職代行サービス事業者が本人の代わりに会社へ退職に必要な連絡をするというシンプルなシステムで、連絡後、退職届など必要な書類や返却物は本人から直接会社へ郵送などで行い、会社が受理をして退職が完了します。

 

退職代行サービスには、大きく分けて民間の事業者が行う場合と弁護士事務所が行う場合の二種類があります。

民間の退職代行サービスは、会社を辞めたい人に代わり退職の意向を会社側に連絡をするサービスで、退職に伴う交渉、未払い残業代の請求など、法律に関わることや会社側との交渉を行うことができません。民間の退職代行サービスの場合、金額はおおよそ3万から5万くらいで退職代行サービスの依頼ができます。

弁護士事務所の退職代行サービスは、退職希望者の意思を会社側に伝えるだけでなく、退職に伴う交渉や法律に関わることなどの全てを行うことができます。そのため、民間の退職代行サービスよりも金額は高く5万から10万が相場ですが、即日オプションや手続き事務代行などを依頼した場合は別途料金がかかる場合や、未払い残業代などの請求をした場合には成功報酬も発生します。

 

民間の退職代行サービスを利用するか、弁護士に依頼をするかは退職希望者の状況によるので、自分の状況に合った退職代行サービスを利用することになります。

 

» 【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

» 退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ