公務員を即日辞めたい?なら後悔しない退職代行サービスがおすすめ

公務員を即日辞めたい?なら後悔しない退職代行サービスがおすすめ

公務員としてお勤めの方のなかには、上司からのパワハラや年功序列の職場環境などの労働環境に悩みながら仕事に従事されている方もいるようです。
実はそんな労働環境から退職代行サービスを使って、公務員を即日退職する人が増えています。

今回の記事は現在公務員でお勤めしていて辞めたいけど勤め先に言えずに悩まれている方や、引き留めにあい辞めたいのに辞められないという人にお伝えしたい内容になっています。

 

公務員の仕事を辞めるか迷っていたら、後悔する前にぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

公務員が辞めたいと感じる理由とは!?後悔する前に即日退職がおすすめ?


公務員の方はどのような理由で退職されているのでしょうか。
退職理由には、仕事が面白くない、人間関係がうまくいかない、昇給しにくい、自分の意見が通りにくいなどの理由があるようです。ここではその退職理由の詳細について説明していきたいと思います。

 

仕事が面白くない

公務員は収入面で安定していると言われることが多いですが、実際に入職してみると業務は単調で事務作業が多く、入職して後悔したといった声も散見されます。
また、就職してから自分がやりたい仕事ではないと気付き、それを理由に辞めたいと思う人も多いようです。
自分に仕事内容があっていないと思ったら、長く仕事を続ける必要もないと思うのは当然かもしれません。
「我慢をし続けて体調を崩すなどして、あの時すぐに公務員を辞めておけばよかった。」と後悔するくらいなら、と思い即日での退職を考えるようです。

 

人間関係がうまくいかない(年功序列)

公務員の職場環境は良くも悪くも年功序列なところが多く、昔ながらの精神論でパワハラを受けたことで入職を後悔する人も多いようです。
また、自分以外のほとんどの従業員が年上という状況も多く、周りに相談できる人もいないため、話ができずためこんでしまうこともあります。
会話が合わず、相談できる人もいないため、精神的にきつくなってしまい辞めたいと感じる人も少なくありません。

 

昇給・昇格しにくい

公務員の収入は一般企業と比べ高いと言われていますが、公務員は業務実績ではなく年齢によって役職がつくことが多いため昇進が頭打ちとなり、なかなか給料が上がりにくい傾向にあります。
意欲的に働いていても昇給や昇格がなかなか見込めないため、辞めたいと感じる要因になっています。
スキルアップなどを望んだ転職を理由に辞める人もいますが、辞めたいと感じたらすぐに辞めたくなるようで、即日退職できる退職代行サービスを利用する方が多いようです。

 

自分の意見が通りにくい

公務員の労働環境は上司からの命令に従って業務をこなしていくことが多いため、受動的な志向を持っている人が多いようです。
また、昔からの伝統や風習、習慣を変えるのを嫌がる役所も少なくありません。
業務の効率化や革新的なアイディアを言っても、意見をなかなか聞いてくれないことがほとんどです。
もっと能動的に働きたい。自分の意見をもっと発言したい。という人には公務員として働き続けていくのは難しいかもしれません。
意見が通らない、聞いてもらえない等の理由で、入職を後悔したと感じる人も少なくないようです。
向上心や野心にあふれている人は、転職を視野に入れて退職を考えることになります。

 

精神論(パワハラ)

公務員の職場ではパワハラも少なくありません。
上司から仕事の具体的な業務内容の指示や説明もなく、間違えると「なぜわからないんだ!」などの注意が飛び交うことや、業務時間外に30分以上の説教があったなどの事例もあります。

怒られても何がいけないのか、何をするべきだったのかが分からないため、改善ができず再度上司に怒られることになってしまいます。
また、日々の行動もどんどん萎縮してしまい、今までできていた業務内容や単純な業務内容までもミスが増えてしまい、「なぜできないんだ!」とさらに怒られることになってしまいます。
仕事に行くのがつらい、仕事のことを考えると急におなかが痛くなるなど、精神的に病んでしまい仕事を辞めたいけど言いずらいと思う人も増えているようです。

 

引き留めにあってしまうのではないかと、自分で辞めたいとなかなか伝えられない人や精神的に限界と感じている人は、公務員であっても退職代行サービスを利用しての即日退職を考えるようです。

 

公務員の退職代行サービス活用方法やメリットとは?


これまでお伝えしてきたように、公務員として勤めている方は、上司からの強い引き留めなどで辞めたいけど辞めれないといったこともあるようです
しかし、公務員としてお勤めされている人の中にも、退職代行サービスを活用して出勤せず引き留めにも合わず即日退職されている人がいます。
次は公務員の方がなぜ退職代行サービスを使った方がいいのかを解説していきたいと思います。

 

退職の旨を伝え、退職手続きについて代わりに聞いてくれる

退職代行サービスは、退職の意思を伝え、退職に必要な手続きを代わりに聞いてくれます。
本来は上司などに自分で仕事を辞めたいと伝えることで退職手続きを進めていきますが、退職代行サービスに頼むと代わりに勤め先の役所に仕事を辞めたいと伝えてくれ、退職に必要な手続きも聞いてくれます。
公務員であっても勤め先の人(上司や人事担当)と直接話をせずに退職の手続きを確認できるので、公務員の方でも退職代行サービスを使う人が増えています。

 

引き留めに合わない

退職代行サービスを使えば引き留めにあいません。
公務員の人数は減少傾向にあるため、自分で退職を伝えると引き留めに合い、勤め先を辞めたいのに辞めることができず即日退職ができないといった事例があります。
しかし、退職代行サービスを活用することで、代行実施日から出所せずに退職することも可能です。
次の勤め先の内定が出ていて、入社日が明確に決まっているなど希望の退職日があれば、要望を事前に伝えることで希望の退職日で退職することも可能です。
自身で辞めたいと勤め先の役所に伝えたことで引き留めに合ってしまったため、退職の意志自分で言ったことを後悔したという人も多いようです。
引き留めにあうのが不安という方には、退職代行サービスはありがたいサービスといえるでしょう。

 

行かずに即日退職できる

退職代行サービスによっては24時間相談できるところがあります。
仕事終わりの遅い時間や早朝も相談できるため、翌日や当日から出勤したくないといった人や辞めたいけど辞めようか迷っている人には、無料相談を設けている退職代行サービスがおすすめです。
不安な点や不明点があれば無料相談で答えてくれますので、安心して退職代行サービスを利用出来ます。

 

公務員で即日退職された人の体験談


それでは、実際に公務員の方が退職代行サービスを使って退職したケースとはどのようなものなのでしょうか。ここでは退職代行サービスを活用して無事に即日退職することができた公務員の方たちの体験談を紹介していきたいと思います。

 

公務員で即日退職された体験談①
もっと早く退職代行サービスを使えばよかったです。

新卒で入職した市役所で公務員として5年ほど働いていて、上司に業務の効率化について自分の意見を何度も伝えましたが聞いてもらえず、煙たがられるようになってしまいました。

自分の意見を聞いてもらえず好きだった仕事が嫌になっていき、精神的にもつらくなってしまい欠勤も日に日に多くなってしまいました。意見を言わない方が良かったかもしれないと後悔もしました。

半年以上前に精神的に限界を感じ、仕事を辞めたいと上司に伝えましたが、「公務員は転職が難しい。他に引き取り先はあるの?」と言われ引き留めにあってしまいました。
辞めたいと言い続けましたが結局のところ毎回引き留めに合い、退職届も受理をされず、精神的に疲れてしまい退職代行サービスを使いました。

退職代行サービスを使ったら、なんと即日退職することができました。
仕事を続けていたら、精神的にダメになってたかもしれません。退職代行は無料で相談を受けているところもあるので相談してよかったです。
退職代行サービスを使って辞めたことは後悔していません。
明日から出勤しなくていいと思うと気持ちが楽になりました。

 

公務員で即日退職された体験談②
退職代行サービスを使ったら、即日退職することができました。入職してみるまでは気付きませんでしたが年功序列の縦社会をすごく重んじる風土の勤め先で、入職してすぐ後悔しました。

上司からの命令は絶対で体育会系な労働環境が私には合わず、上司には辞めたいと何度も伝えましたが、取り合ってもらえませんでした。
そこで、ネットで調べて出てきたのが「男の退職代行」で、問い合わせてみると何でも親身に相談に乗ってくれたので退職代行サービスをお願いしたところ、すぐに対応してくれました。

最初は心配でしたが、お願いしていた残りの有給も全部使って退職を進めてもらい、勤め先から届いた給料明細にもちゃんと有休分の消化が書いてありました。

勤め先を辞めることを諦めていましたが、即日退職できたのですぐに頼んで正解でした。
辞めたいけど辞めれなかったあの日にはもう戻りたくないです。
勤め先を辞めたい素直な自分の気持ちと向き合って良かったです。

 

公務員で即日退職された体験談③
公務員試験に受かってすぐに入職した勤め先でしたが、自分が思っていた業務内容とはかけ離れていて、入職して3ヵ月しかたっていませんでしたが、勤め先を辞めたい気持ちが強くなりました。

周りからは、せっかく公務員試験に受かって入職したんだからすぐ退職したら後悔するよ、もう少し頑張ってみたらと励まされていましたが、やりたくない仕事をしていても身も心も入らず他の人にも迷惑を掛けてしまうので辞めたいと直接言おうと思っていましたが、中々自分で言えずに何日たっても言えないままでした。

以前から退職代行サービスを使うと即日退職できると聞いたことがあったので、初めての利用ですが、頼んでみることにしました。

実際に頼んでみると親身に相談にも乗ってくれて、希望の日に実施することができたので安心しました。
なんだか自分で退職を言いにくかったので、わたしNEXTさんに頼んでよかったです。大満足です。
自分で辞めたいって直接言いづらい人には退職代行サービスはおすすめだと思います。

もう入職で後悔したくないので、公務員以外の業種も視野に入れて、次の仕事を探そうと思います。

 

まとめ

今回は公務員の方が辞めたいと感じる理由や退職代行サービスの活用法、実際に退職代行サービスを使って退職された公務員の体験談についてお伝えいたしました。

公務員は安定しているからという理由で入職したが、職場の労働環境に後悔したという人が少なくありません。
しかし、公務員は人手不足のため、引き留めにあうなどの理由で退職できないこともよくあるようです。

「入職で後悔したため、即日退職して後悔しないよう次は自分にあった仕事に就きたい。」

などの理由から公務員の人でも退職代行サービスを使って勤め先を辞める人が増えています。

退職代行サービスによっては、24時間の無料相談を設けている退職代行サービスもありますので、今のお仕事を続けるか辞めるべきか迷っているのであれば、一度退職代行サービスに相談してみることをおすすめします。
現在、退職代行サービスを活用して即日退職する公務員の方も増えていますので、公務員を退職したいと思ったら、無理をせず退職代行サービスを使って辞めるのも一つの方法です。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ