定年退職とは。意味と退職代行との関連性。

定年退職とは。意味と退職代行との関連性。

定年退職とは。

定年退職(ていねんたいしょく)とは、正規雇用として企業に雇われている方の年齢が60歳以上または65歳以上に達することで退職になるこ規定のことを指します。
政府より全ての会社で年齢が65歳に達した者を定年退職とすることを義務化しました。

企業によっては既に定年の年齢を65歳に定めている場合もあるため、自身が勤めている会社が何歳で定年となるか、就業規則等で確認しておく必要があります。

また、定年退職を迎える前に会社を辞める場合は、退職代行サービスを使うことで会社の人と会わずに辞めることも出来るため、退職代行サービスを活用して退中途職する方が増えています。

定年退職後に再雇用で働く際、給料が60歳の時と比較し75%未満の場合は「後年例雇用継続金本給付金」がもらえます。
会社側で手続きをしなければなりませんが、自身でも該当しているかを事前に確認することをおすすめします。

また、定年退職を迎えた際は、下記について手続きなどを確認する必要があります。

・退職所得に関する申告書
・年金
退職金
・保険
・税金

 

退職所得に関する申告書の提出は任意です。

定年退職の場合、申告書は会社からもらうことがほとんどですが、国税庁のホームページからダウンロードもできます。
申告書を提出する義務はありませんが、自身で確定申告をしなくてはならない理由がある場合は、手続き不要となります。

公的年金は自身で手続きをする必要があります。

過去にさかのぼっての受給は最大5年となるため、申請手続きがされないまま5年経過してしまうと年金を貰えなくなってしまいます。
忘れずに手続きをしなければならないため、注意が必要です。

退職金は一時金として受け取る方法と、年金として受け取る方法があります。

一時金として受け取るか、年金として受け取るかを選ぶことが出来ますが、選ぶ理由はその時の環境などにより様々ですので、自身で税金や生活費の計算をし、どちらがいいのかを事前に確認しておくと、スムーズに手続きが出来ます。

保険について

保険についても、被扶養者や任意継続被保険者となる場合、国民健康保険に加入されるなど、自身がどうされるかで変わるため確認が必要です。

税金については所得税住民税の支払いが必要となり、所得税を払いすぎている際は戻ってきます。

また、住民税は1月~5月に退職した際は一年分の税金を退職の際に一括徴収されます。
6月~12月に退職した際は、一括徴収または普通徴収かを選ぶことが出来ます。
退職手続きをする際に、退職日がいつなのか事前に確認することで自身がどちらに該当するか確認することをおすすめします。

 

必ず定年を迎えるまで会社に勤める必要はありません。
定年退職を迎える前に退職を決意したが、自身で会社側に退職する旨を伝えられないなどの理由があれば、退職代行サービスを活用することでスムーズに退職することが出来ます。

退職代行サービスを利用することで、希望の退職日に辞めることも可能です。
会社の人と話したくないなどの理由がある際は、退職代行サービスを活用することができます。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ