警備員は退職代行で即日退職してるって本当?気になる退職理由とは。

警備員は退職代行で即日退職してるって本当?気になる退職理由とは。

警備員の仕事は施設の警備やイベント会場での警備、交通誘導、要人の身辺警備など多岐にわたっています。
所属する会社や配属される部署によっては、厳しい天候の中で警備することや身を挺して就業しなければいけない環境に置かれる場合もあります。
そのため、身体的にも精神的にも疲れてしまい退職する警備員も少なくありません。
自身の限界を超えたため退職代行サービスを利用して即日退職を希望する警備員も多いようです。

ここでは警備員がどのような退職理由で辞めるのか、即日退職を希望する職場環境について紹介していきます。
実際に退職代行サービスを利用して警備員の仕事を即日退職した体験談についても紹介しますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

警備員が退職代行で即日退職したい、最も多い退職理由とは

警備員が退職代行で即日退職したい、最も多い退職理由とは警備員が仕事を辞めたい理由は職場の環境や仕事の内容によって様々です。

・夏は猛暑、冬は極寒の中での仕事が辛い
・ずっと立ちっぱなし
・長時間労働
・職場の人間関係が良くない
・給料が低い

働く場所によって異なりますが、身体的、精神的な理由から退職を検討しているようです。
特に警備員が即日退職したいと考える、主な退職理由は

「身の危険を感じることが多い」

という理由です。
警備員の仕事は心身ともに厳しい環境で就業することが多くありますが、今後の生活や命にかかわるような問題があってはいけません。
そのため、事故などをきっかけに即日退職を希望して退職代行サービスを利用する方が増えているようです。

バックレるのは危険。退職代行を利用して即日退職することをおすすめします

バックレるのは危険。退職代行を利用して即日退職することをおすすめします過酷な環境で警備員の仕事をしていると、明日から仕事に行きたくないと考える方もいるでしょう。
しかし、退職代行サービスなどを利用せず、会社や上司に連絡しないままバックレることはやめておいた方が良いでしょう。

 

バックレが危険な理由①

警備会社には警備を任された現場に関する機密事項が多数あります。
なかには法的に機密事項を厳重に保護しなければならないこともあり、その機密事項に関わっている場合は決められた段取りで退職することを求められることもあります。

バックレてしまった場合、どのような退職理由であってもその機密事項の漏洩を防ぐため、会社側はバックレた警備員の所在を確認するでしょう。
ご自身の家族へ頻繁に連絡をしたり、警察に捜索願を出したりする場合もあるようです。
多方面に迷惑がかかるだけでなく、騒ぎが大きくなって収拾がつかなく恐れもあるため、バックレることは危険です。

 

バックレが危険な理由②

バックレが危険な理由②警備会社に限らず、バックレてしまった場合は社会的信用を失う可能性があります。
会社の規定によってはバックレたことで無断欠勤扱いとなり、「解雇」として扱われる可能性があります。

解雇として扱われることはめったにあることではありませんが、万が一、解雇になった後に転職する場合にその事実を履歴書などに記載しなければ、最悪は転職先の就職が取り消しになるといったケースもあります。
一時的な感情によってバックレたことで、今後の人生に大きな影響を与えてしまうリスクがあるのです。

 

バックレが危険な理由③

稀なケースではありますが損害賠償などを求められる可能性があります。

バックレたことで重大な損失を会社側が被ってしまった場合、損害賠償請求される可能性があります。
会社側は雇っている警備員がバックレても損害が出ないように対策や穴埋めを講じることでしょう。しかし、あまりに重大なケースに発展した場合はバックレた本人に損害賠償を求める可能性があります。

実例もかなり少ないリスクではありますが、万が一、損害賠償を請求されたことを考えると、バックレることはやめておいた方が良いと推測できると思います。

 

上記のようにバックレることは後々問題に発展するなどの危険を伴います。
ただ、自分から退職したいと伝えることができない、揉めることが怖くて言い出せない場合もあります。
そういった場合は退職代行サービスを利用することをおすすめします。退職代行サービスであれば円満に退職の話を進めてくれ、退職時のストレスを軽減してくれます。

 

退職代行サービスを利用して即日退職できた警備員の体験談

退職代行サービスを利用して即日退職できた警備員の体験談退職代行サービスは退職の意思を退職希望者に代わって会社側に伝えるサービスです。
退職希望者はその日から会社に行くことなく、上司や同僚と会うこともなく即日退職することが可能です。
退職代行サービスから退職の意思を伝えるため、バックレのような危険はなく、円満に退職することが可能です。

ここでは、警備員が実際に退職代行サービス「男の退職代行」を利用して即日退職した体験談を紹介します。

 

《体験談①》

イベント施設の警備員として仕事をしていました。
春から夏にかけてはイベントが多く仕事もたくさんあるのですが、酔った人を相手にすることも多いため、ケガをすることも度々ありました。
収入が安定しないことと、いつか大きなケガをするのではないかという不安から退職を会社側に希望しました。
会社からは長年仕事をしてもらって会社の機密事項も多く知っているので退職は考え直して欲しいなどの理由で引き留められている状況でした。しかし、最初は友好的な話し合いでしたが回を追うごとに、次の転職ができないようにする、損害賠償を請求するといった脅しまで言われるようになりました。イベントごとの警備員なので特に引継ぎも無いし、会社の損になるようなことをするつもりもありません。
ただパワハラモラハラを受けたことで会社側と話をするのが怖くなり、今後の話ができそうになかったので退職代行サービスを利用することにしました。退職代行サービスの男の退職代行に無料相談した後、すぐに依頼し、退職手続き退職後に必要な書類の手続きまで、すべてを退職代行サービスが段取りしてくれました。
即日退職することもできたし、損害賠償請求されることもなく、無事に退職することができました。退職代行サービスがあって本当に助かりました。

 

《体験談②》

人間関係が嫌になって退職代行サービスを使って即日退職することにしました。
商業施設の警備員として勤めていましたが職場の人間関係が悪く、今すぐにでも辞めたいと思ってしまったんです。物が無くなるなどの嫌がらせ、わざと聞こえるような悪口はいつものことです。
それでも警備員の仕事にやりがいを感じていたため、人間関係を退職理由に辞めることはできないと自分に言い聞かせて踏ん張ってきました。
しかし、長時間労働で立ちっぱなしの仕事は体力的にきつく、人間関係による精神的ダメージで出勤することが嫌になってしまいました。即日退職できる方法を探していた時に退職代行サービスの男の退職代行を見つけました。
自分のような人間関係が嫌になってしまったパターンでも、退職理由として十分であることを教えてもらい、退職代行サービスを利用することにしました。
嫌な職員に会うことなく即日退職できて、精神的にも楽になりました。

退職することを我慢してしまうとハラスメントがエスカレートしてしまい、今以上に辛い環境になってしまったり、心身にダメージを受けてしまったりする可能性もあります。
体験談にあったように、自分で話を進めることが難しい、限界に達したと感じた場合は退職代行サービスのように第三者を介して話を進めると負担が少なく、退職をすすめることができるのでおすすめです。

 

まとめ

警備員は退職代行で即日退職してるって本当?気になる退職理由とは。_まとめ職場の環境によって異なる警備員の退職理由と実際に退職代行サービスを利用して即日退職した警備員の体験談を紹介しました。
今回紹介した退職理由や体験談はほんの一部に過ぎません。警備員の仕事が辛く、退職することに悩む方は多くいるようです。

しかし、一時的な感情でバックレることを選択しないように注意しなければなりません。バックレたことで問題が大きくなってしまったり、新たな問題を抱えたりすることは得策ではないからです。

今の会社で警備員として働くことができないと思った時は、どんな退職理由であっても退職できるように話を進める、もしくは即日退職できるよう退職代行サービスに相談すると良いでしょう。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ