医療事務を即日退職!退職代行で辞めるにはどうすればいい?

医療事務を即日退職!退職代行で辞めるにはどうすればいい?

医療事務の仕事は少人数で勤務する職場が多く、一人が欠けると「仕事が回らない」というケースが見られがちです。このような職場だと休みを取りづらく、ひどい場合は辞めると言えないこともあります。
辞めることを決断した事情は人それぞれですが、辞めると言い出せずに我慢をしていると体調を壊してしまう可能性もあるので、そういう場合は退職代行サービスを利用して即日退職することも検討すべきです。

本記事では医療事務の職場環境を踏まえながら、辞めるときの注意点と退職代行サービスを利用して即日退職する方法について解説します。

 

医療事務の職場環境がつらい。即日退職して辞めるには?

医療事務の職場環境がつらい。即日退職して辞めるには?全ての職場に当てはまるわけではありませんが、「医療事務はブラックで働きづらい」と聞くことがあります。こう言われるのにはいくつかの理由が存在しています。

まず挙げられるのが「過酷な労働と安い給料」です。
病院などを含め医療事務の従事者は不足している傾向があり、結果として医療事務一人当たりの業務量が増えてしまいます。それでいて残業代がきちんと支払われないなどの労働問題が発生している職場が少なくありません。
そのような職場だと離職率も高く、さらに人手不足になるという悪循環です。人件費削減のため給与が低めな医療事務の作業量を増やす傾向が多くなっており、さらに労働環境の過酷さは増していると言えるでしょう。

そのような職場にいて「自分が辞めたら残った人が大変になる」と考え我慢してしまう方や、「ここで逃げたら残った人に迷惑が掛かるだろ」などと言われて強引に引き留めにあってしまった方がいるのが現実です。
ここで考えるべきは貴方が辞めて回らなくなる職場にしている責任は経営者側にあり、退職したい人を引き留めるためのネタにするのは責任転嫁にほかならないということです。

本来、一人が辞めたり休んだりしたくらいで回らない事業所を運営しているのは経営者の責任なのです。責任を求める言動を上司や人事担当者から受けた場合は、退職代行サービスを利用して即日退職することも一つの方法です。
辞めることは労働基準法に守られた労働者の権利です。どのような職場環境であっても会社側が拒否することはできません。
退職代行サービスであれば「辞めるのは無責任だ」などと言われ、自分から退職を進めることが難しい状況でも即日退職することが可能です。
自分がいる職場環境では退職代行サービスでも退職させることは難しいのでは?と悩んでいる場合は、まず退職代行サービスに問い合わせてみることをおすすめします。

退職代行サービスはどんな職場環境でも、退職希望者に代わって辞める意思を会社側に伝えてくれます。また、即日退職するための経験を多く積んでいますので、どんな悩みでも答えてくれるはずです。

 

退職代行サービスで即日退職できた医療事務の成功体験談

退職代行サービスで即日退職できた医療事務の成功体験談辞める覚悟が出来てもなかなか踏み切れない、退職の意思を示しても引き留めなどで面倒になる、といったマイナスのイメージは簡単に拭い払えるものではありません。
本項では思い切って退職代行サービスへ依頼し、嫌な職場を即日退職した成功例を紹介します。

「もっと早く退職代行サービスにお願いしておけば良かった」
「即日退職できる退職代行サービスを知らないなんて本当に損だった」

実際に退職代行サービスを利用した方はこのような気持ちになる方が多いため、参考にしていただければ不安が減り、退職に向けて一歩踏み出そうという気持ちになるかもしれませんよ。

 

※26歳医療事務(女性)病院勤務

モラハラが毎日のようにあり、体調を崩したため退職したいことを伝えたが、人手不足を理由に退職させてもらえませんでした。心身とも疲弊してしまい困っていたところ友人からの勧めで退職代行サービスを知りました。

職場の悩みや即日退職したい旨を伝えたところ丁寧に対応していただき、すぐにでも退職できることがわかって安心しました。辛い時にしっかり話を聞いてくれたこと、退職代行サービスを申し込んでからすぐに対応してくれたことで本当に救われました。今では心が軽くなって体調不良も回復しています。退職代行サービスには感謝しかありません。

 

※34歳医療事務(女性)クリニック勤務

職場の人間関係がひどくて精神的に辛くなってしまったため、退職を決意しました。給料も安く残業代も支払われていない環境で人間関係まで悪くなってしまったら、仕事を続けていくのも限界です。早く辞めるべき職場の典型だと思いました。これ以上、会社に関わりたくないと思ったので直接やり取りをしなくても済む退職代行サービスを利用することにしました。会社から連絡が来たり、家に人がきたりすることを心配しましたが退職代行サービスがしっかりとフォローしてくれたので、精神的な負担も無く、気持ちよく即日退職することができました

 

心身が深刻な状況になる前に退職代行サービスへ相談する方がおすすめですが、まだまだ退職代行サービスの存在を知られない方も多くいます。
退職代行サービスは、退職することに悩んでいる方の強い味方になってくれる存在です。また退職代行サービスは退職のプロなので、安心して退職のことを任せることができます。

 

退職代行サービスで即日退職!医療事務を辞める方法を紹介

退職代行サービスで即日退職!医療事務を辞める方法を紹介ここでは退職代行サービスを使い、嫌な職場を即日退職する具体的な方法を紹介します。
退職代行サービスは、基本的には自分で意思を伝えるべき「辞める」ということを代行するサービスです。
退職代行サービスは様々な団体がサービスを提供していますので、ネットなどで事前に評判を調べて利用するようにしましょう。

退職代行サービスを行っている業者は大別すると「弁護士」「ユニオン(合同労組)」「民間業者」の3種類になります。これを見ると何となく弁護士が安心できそうですが、必ずしもそうではありません。
おすすめは労働組合が運営する退職代行サービスです。会社側と交渉することが可能ですが、料金は民間業者とさほど変わらず利用することが可能です。ご自身に合った退職代行サービスに出会えるよう、インターネットなどで退職代行サービスを調べてみるといいでしょう。

依頼する退職代行サービスが決まったら連絡し、あとは申し込みをしてご自身の希望を伝え、嫌だった職場に「辞める」意思を伝えてもらい、即日退職できるように話を付けてもらうだけです。

あれだけ悩んでいたことも、たったこれだけで終わってしまうので、悩むくらいなら退職代行サービスに頼む、という方が実はかなり多いです。

 

まとめ

ブラック企業と言うのは客観的な評価だけでは測れないものですので、働いている人が重圧を感じたり、嫌な思いをしていたら、ブラック企業でなくても働いている人にとってはつらい職場なのです。
最悪の場合、辞めるか辞めないかの判断すら奪われる危険性もあるので、少しでも医療事務として居づらさを感じたら退職のプロである退職代行サービスに相談してみることをおすすめします。

もしかしたら、相談することで新しい考えも生まれるかもしれません。自分で申し出て即日退職をすることはかなりハードルが高いため、医療事務を即日退職したいと思ったらまずは退職代行サービスに相談してみるのもいいかもしれません。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ