退職代行で即日退職する調理師・栄養士が増加中⁉失敗せずに辞める方法とは?

退職代行で即日退職する調理師・栄養士が増加中⁉失敗せずに辞める方法とは?

調理師・栄養士は共に国家資格の取得が必要な職業であり、ホテル・飲食店や食品工場、病院などでは、なくてはならない重要な職業です。
重要な職業であるため、さぞ優遇された環境で仕事をしているのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、実際は朝が早く長時間労働、上下関係が厳しく人間関係が複雑といった環境にあり、決して恵まれた職場ではないようです。
貴重な資格を有した職業であるため強く引き留めを受けてしまい、辞めることに失敗する方も多くいるようです。そのため退職代行サービスを使って即日退職する方も増えています。

本記事では、調理師・栄養士が辞めることを決断した原因や理由と退職代行サービスを利用して即日退職した方の体験談を紹介し、即日退職する方法や辞める時の注意点について説明します。
即日退職を希望している調理師・栄養士の方や、辞めることができずに悩んでいる調理師・栄養士の方は、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

調理師・栄養士が即日退職で辞めることを決断した理由

調理師・栄養士の方が即日退職で辞めることを決断した原因や理由は様々です。
ここでは実際に退職代行サービスを利用して即日退職をした調理師・栄養士の方の体験談を紹介していきます。

 

早朝出勤、サービス残業は当り前。過酷な労働環境で体力も限界のため退職代行サービスを利用

早朝出勤、サービス残業は当り前。過酷な労働環境で体力も限界のため退職代行サービスを利用専門学校を卒業してから有名レストランに入社し、調理師として働くことになりました。
始めは雑用仕事が中心で早朝からの準備と夜遅くまでの片づけをする日々が続いていました。仕事内容は体力仕事がほとんどのため毎日疲れ切って家に帰る状態です。
入社前は有給休暇の消化もできると聞いていましたが、月の公休を消化することもやっとで、休日出勤することもありました。

さすがに体力的に無理だと思い、辞めることも考えましたが、入社したばかりで辞めると言いづらく、「もうちょっとだけ」と自分に言い聞かせて我慢していました。
しかし、疲労のせいで体が動かず仕事中にケガをしてしまい、辞めることを改めて意識しました。

ケガをしたことで職場の人が気にかけてくれるのかと思いましたが、

「気が抜けているからケガなんかするんだ」
「ちゃんとした仕事もしてないくせにケガで休むな」

思いがけず酷い言葉をかけられ辞めることを決断しました。
引き留められることも嫌ですし、会社と揉めることも怖かったので、以前から情報収集していた退職代行サービスを利用することにしました。
申し込みしてからすぐに対応してくれるとのことで、迅速に動いてくれ、退職代行サービスのおかげで悩まず即日退職することができました。

 

飲食店に就職しても資格を生かした仕事をさせてもらえないため転職を決意。

飲食店の正社員として仕事をすることになりましたが、調理師の資格を生かせる仕事をさせてもらえないので辞めることにしました。
調理師として採用されて入社しました。しかし実際にやっている仕事はホールでの接客やパートアルバイトの指導、シフト作りに売り上げの精算など、調理とかけ離れた仕事ばかり。
配属された店舗にはベテランの調理師が何人もいて人が足りている状態だったことが原因です。

入社前に聞いていた環境と異なっていることを社長に話をしましたが、そのうち調理の仕事もやってもらう、他の仕事も将来の役に立つなど、はぐらかされてばかり。
社長の言っていることも少しは理解できますが、調理の仕事がしたくてこの業界に就職したので調理ができないなら意味がありません。

すぐにでも転職できるよう、退職代行サービスに即日退職できるよう依頼することにしました。

社長からは強く引き留められましたが、退職代行サービスに依頼してから、会社からの連絡も無く、即日退職することができました。
転職活動もすぐに始めることができて、退職代行サービスに依頼して良かったです。

 

人間関係に悩んでしまいうつ状態に。退職代行サービスに救われた。

人間関係に悩んでしまいうつ状態に。退職代行サービスに救われた。病院の栄養士として就職しました。医者や看護師、調理師の人や患者さんとも接する機会があります。
働く人が多いこともあって人間関係を良好に保つことがすごく大変で、そのせいで仕事に行くことがストレスになっていました。
誰かの悪口を聞くことも辛いし、自分のことを悪く言われることもあって本当に辛い毎日でした。
次第に人の顔色ばかりを窺うようになってしまい、人と接することが怖くなりました。

そのころから体調不良が続き、最終的にはうつ症状が出るようになったため栄養士の仕事を辞めることにしました。
ただ、上司に辞めることを相談したところ、顔を合わせるたびに辞めることを改めるように話をしてきました。
引き留められ続けたため自分自身で退職の話をすることが怖かったので退職代行サービスをお願いすることにしました。即日退職も叶えてくれる退職代行サービスにすごく魅力を感じました。

退職代行サービスに依頼してからは職場の人と顔を合わせることなく、その日のうちに退職することができて、希望通りの即日退職になりました。
辞めることを決断していなかったら、今以上に心身を病んでしまっていたと思います。

 

仕事を辞めると決断した原因や理由については、調理師・栄養士も一般的な職業と同じように、職場の労働環境が過酷であったり、入社前に聞いていた仕事内容と異なっていたり、人間関係に悩んでいたりといった内容でした。
しかし、調理師・栄養士は特別な資格を有していることから、強い引き留めにあうなど、自分自身で退職することが難しい環境にあるようです。

 

調理師・栄養士でも即日退職で辞めることができる?

調理師・栄養士でも即日退職で辞めることができる?調理師・栄養士は資格が必要なため、在籍している調理師・栄養士が辞める場合は次の新しい人が見つかるまで、何としてでも残ってほしいと会社側は考えています。
そのため様々な方法で説得してくることでしょう。なかにはハラスメントと思われる方法をとる会社もあるかもしれません。
強く引き留められることで、辞めることに迷ってしまう方も多いようです。

しかし辞めることを我慢したことで、心身が衰弱してしまう、転職先を探す時間が削られてしまうといったデメリットが発生してしまいます。
そうなる前に辞めることが重要です。できれば限界を迎える前に即日退職をしてすぐにでも環境を変えるべきでしょう。

そこでおすすめなのが退職代行サービスです。
退職代行サービスであれば即日退職することを前提に話を進めてくれますので、会社側から引き留められることもなく辞めることができます。
退職代行サービスを使うことで、退職する時のストレスを軽減することができます。
調理師・栄養士でも利用することは可能なので、辞めることを検討している場合、即日退職したい場合は一度退職代行サービスに相談してみると良いでしょう。

 

調理師・栄養士が退職代行サービスで辞めるために準備すること、注意すること

調理師・栄養士は、退職代行サービスを利用することで、退職時のストレスを軽減し即日退職することも可能であることを説明しました。
ここでは、よりスムーズに退職を進めるため、事前に準備しておきたいことや注意すべき点について説明します。

 

①引継ぎ内容を残しておこう。

引継ぎ内容を残しておこう。調理師・栄養士はそれぞれが担当する「自分だけの業務」を持っていることが多くあります。
そのため、その人が抜けてしまうと調理師・栄養士の仕事が回らなくなってしまう、職場に大きな影響が出てしまうといったことが懸念されます。
業務内容をわかる人がいないため辞めることはもちろん、即日退職なんて無理!と会社側から言われる場合もあるでしょう。

事前に引継ぎ事項を準備しておくことで引き留めにあう原因をなくすことができます。
退職代行サービスを利用する場合でも引継ぎ事項を準備しておくと、即日退職しやすくなります。

 

②私物は事前に持ち帰ろう

退職代行サービスを利用する場合、私物については会社側に依頼して返してもらうことができます。
しかし、調理師・栄養士の場合は自分の包丁を職場に置いていたり、自前で用意した道具などを多く置いていたりすることがあります。
会社側からすると、どこに何が置いてあるのかわかりません。さらに私物を集めて郵送する作業に時間をかけるほど人手も時間もないのです。
スムーズに退職を進めるには、退職代行サービスから会社側に連絡する前に私物を回収しておくのが良いでしょう。

 

③貸与物はすぐ返せるように準備する

調理師・栄養士は朝早く出勤する、夜遅くに職場を出るため、職場の鍵を預かることが多いようです。
しかし退職代行サービスを利用して即日退職した場合、職場の鍵を開ける人がいなくなってしまうため、すぐにでも鍵を回収しておく必要があります。
貸与物の返却に時間がかかってしまうと、職場に持参しなければならない、最悪は職場の鍵を付け直すための費用負担が発生する場合もあります。
考えられる負担を減らすためにも、貸与物を整理しておき、すぐに返却できるようにしておきましょう。

 

まとめ

調理師・栄養士が即日退職できるよう、実際に退職代行サービスを利用した方の体験談や調理師・栄養士が即日退職できる理由、即日退職するために準備すること、注意することについて説明してきました。
紹介・説明した内容は、自分自身で退職する際にも有効な内容ですし、退職代行サービスを利用する際にもスムーズに即日退職を進めるためのポイントになります。

資格が必要な調理師・栄養士であるため、簡単に辞めることができない、会社が辞めさせてくれないと悩む方もいるでしょう。
しかし、悩みすぎて病む前に退職代行サービスを利用するのも自分自身を守るために有効な手段になります。最短で即日退職することも可能なので、辞めることを検討している場合は退職代行サービスを利用することも一つの方法として検討することをおすすめします。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ