これがリアル!退職代行サービス利用者の会社を辞める理由とは?

これがリアル!退職代行サービス利用者の会社を辞める理由とは?

入社したばかりの会社でも、長年勤めた会社でも会社をを辞めると決断した時、その退職理由は人それぞれです。
しかしほとんどの人が仕事に対して満足できないから辞める、会社への不満があるために辞めることを選んでいます。また、辞める手法として退職代行サービスを選ぶ人も増えています。

それでは会社を辞める理由にはどのようなものがあるのでしょうか?
実際に退職代行サービスを利用して会社を辞めることにした人々のリアルな退職理由について、実例を挙げながら紹介していきます。

退職代行サービスでよくあるリアルな退職理由

体調不良で仕事を継続することが難しくなった。

体調不良で仕事を継続することが難しくなった。

体調不良は退職代行サービスを利用した方の退職理由として最も多く出てくる理由の1つです。

退職には心身ともに消耗しますので退職代行サービスを使うことで疲弊することなく退職することは、既に体調不良をおこしている方にとっては今以上に悪化させないための賢明な選択かもしれません。
また、会社としても退職を認めざるを得ない退職理由でもあります。

体調不良の場合は具体的な症状、発病した時期を明確にし、継続した勤務が難しい旨を伝える必要があります。そのため、1、2週間休めば復帰できる症状では会社側も即日での退職を認めることができませんので注意が必要です。

 

家族の看病・介護が必要になり、現在の仕事との両立が難しくなった。

ご家族の看病・介護も退職代行サービスを利用される方の退職理由としてよくある退職理由です。
ご家族の看病や介護を会社側が変わりに行うことはできませんし、何かあった時の責任を負うこともできません。そのため退職を認めざるを得ない理由でもあります。

会社側への伝え方としては「祖父の介護が必要となったため」「妻の看病と仕事の両立が難しいため」など詳細まで伝える必要はありませんが、追及されないように理由を説明しておくことも大切です。

稀なケースですが、勤務時間を短縮したり、勤務日数を減らすなどの条件を提示して引き留めをされる場合があります。その時は看病や介護のために退職する意思が固いことを伝えると良いでしょう。
また、急に介護を必要とする環境下では退職の手続きを進めることも時間的に厳しい場合があります。そんな時に退職代行サービスは非常に便利な存在です。

 

聞いていた職務内容や雇用条件などが異なっていた。

新入社員、中途入社などの社員に限らず、パートアルバイトで仕事をする際にも雇用契約書を取り交わしたり、雇用条件通知書などを渡すことは会社の義務です。
しかし、実際に仕事をしてみると人員募集時の内容と実際の雇用契約に違いがある、雇用契約を交わした際は事務員としての雇用だったはずが就業してみると外勤営業だった、雇用契約書自体を取り交わしておらず口頭での内容説明のみだった上に職務内容が全然違うものだった、土日祝休みのはずが休日出勤が当たり前になっていた、などの実例は多く見受けられます。

そのため、就業内容や職場環境の食い違いによって会社を辞める決断をする人も少なくありません。
始めのうちは我慢をして仕事をしていたが、それがストレスの原因となり体調を崩してしまったという話もあります。

また、雇用内容の相違を理由に退職することを自身で申し入れたが、退職できなかったという経緯で退職代行サービスを利用される方もいます。
退職できなかった要因のほとんどは強い引き留めにあってしまい、退職の件を言いくるめられてしまったという内容です。
会社側としても雇用内容や業務内容を変更したり配置転換を行うなどして人員を確保しようと考えています。
そのため、退職を申し入れたが引き留めにあってしまって退職できなかったので、退職代行サービスを利用したいと考える方が増えているようです。

会社側としても退職代行サービスを相手に強く引き留めを行うことは困難なため、スムーズに退職を進めるために退職代行サービスを利用することは有効な手段と言えます。

 

アルバイトとして入社したが、他の会社で正社員として入社することが決まった。

アルバイトとして入社したが、他の会社で正社員として入社することが決まった。

入社したばかりだが環境が変わり就業できなくなるといった退職理由は、会社側としてなかなか了承しがたい退職理由ですが、共通して言えることは入社したばかりなのに辞めることを自分から言うのは申し訳ないから言えない、という点です。

退職代行サービスを利用する理由の大半はご自身で退職する旨を会社側に伝えることが難しいためです。その中でも特に多いのが入社したばかりで申し訳ない、どんなことを言われるかわからないといった不安感、恐怖感から退職代行サービスを利用しているようです。

新卒で入社したばかりだが社風や仕事内容が自分に合っていないから退職したい、でも自分で言う勇気がないので退職代行サービスを利用して退職したい。
自分には合わない仕事だと感じながらも、我慢して就業を続けていたがやっぱりこれ以上は無理だから退職したい。
会社を辞める理由としては社会人としての意識が低いと思ってしまう方も少なくないと思いますが、考え方は人それぞれですし、若年層の就業に対する意識も年々変化しています。
そういった変化する意識への対応策を模索しなければいけない時代になってきているのではないでしょうか。

 

仕事で受けるストレスに肉体的にも精神的にも限界。

思っていた以上に仕事がきつくて肉体的にも精神的にも辛い、人員不足で一人一人の仕事量が多すぎて限界、といった退職理由です。

昨今のニュースでも多く取り上げられているように、どの業界・業種でも深刻な人手不足になっています。
しかし、大変な環境であっても、ご自身の心身が健康であることが一番大切です。事故などが起きる前に、退職代行サービスを利用してでも会社を辞めると決断することは決して間違いではありません。

会社が人手不足だから今やめたら他の人に迷惑がかかる、来月のシフトも予定より多く入っているから抜けることができない、といった環境で退職について悩んでいる方が増えています。
ご自身の健康を害してしまう前に退職代行サービスを利用することで自分を守ることも大切なことです。

 

直属の上司からのセクハラ、パワハラなどハラスメントを理由に退職。

直属の上司からのセクハラ、パワハラなどハラスメントを理由に退職。

仕事中に社長から暴力を受けたり、暴言を吐かれていて我慢の限界。上司に手を握られたり、休みの日にしつこく連絡が来たり、断ると仕事中に冷たい態度を取られて必要以上に断る姿勢が取れなくて辛かったなど。

ハラスメントが社会で大きな問題になってから、会社ごとに意識改革やハラスメント防止の強化を行っていますが、日本で発生しているハラスメントは年々増加傾向にあります。

発生件数だけでなくハラスメントの種類は50種類以上とも言われており多様化しています。
退職したい旨を会社に伝えたらどんな復讐にあうか、今以上にハラスメントが厳しくなるのではないかという理由から退職代行サービスを利用する人も増えています。

 

まとめ

会社を辞める理由は本当に様々です。似たような退職理由でも会社での立場や環境の違いで受ける印象は大きく変わってきます。
また、退職代行サービスを利用して会社を辞める場合は会社側が即日退職を認めざるを得ない理由が必要になります。ご自身が抱えている退職理由が納得してもらえる理由なのか、今回の記事を参考にしていただき退職理由の検討材料にしてもらえると幸いです。

退職の話を受ける側として社員や部下から退職の相談をされた場合はこの記事で挙げた理由によってその人が多くの時間悩み苦しんだことをまず理解してあげましょう。
会社側として必要な人材が退職してしまうことは痛手ですが、必要以上に引き留めてしまうことでその人をより苦しめてしまう結果を招いてしまう可能性があり、場合によっては会社に不利益となるケースも多く存在します。
そうなっては会社にとっても痛手となりますので、十分な注意が必要です。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ