Go To Eat キャンペーンでコロナが怖い!退職代行利用者も急増!?

Go To Eat キャンペーンでコロナが怖い!退職代行利用者も急増!?

世界中でも感染が拡大している新型コロナウイルスは日本においても多大な被害をもたらしています。
特に観光事業や飲食産業への影響は大きく、需要の減少により倒産や閉店を余儀なくされる企業や店舗が多数出ています。

そこで日本政府はGo Toキャンペーン事業を立ち上げ、各産業や地域の需要喚起を目的として大幅な割引やプレミアム付き商品券などの発行を行っています。
なかでもGo To トラベル キャンペーンGo To Eat キャンペーンは注目を集めており、お得な割引情報と共に多くのメディアにも取り上げられていますが、本項では「Go To Eat キャンペーン」に注目し、そのキャンペーンの内容について説明していきます。

また、Go To Eat キャンペーンが始まったことによって、退職代行サービスを利用して退職される方が増えているという情報もあります。
新型コロナウイルスとの因果関係もあり、今後注意が必要な状況です。ここでは、コロナ禍で起きている退職事情についても説明していきます。

 

Go To Eat キャンペーンとは?どんなキャンペーン?

Go To Eat キャンペーンは、Go To キャンペーン事業の4つの内の1つで、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた飲食店や食材を提供している農林漁業の事業継続と雇用維持、産業の需要喚起を目的としています。

では、具体的にどのようなことが行えるのでしょうか?
このGo To Eat キャンペーンで行えることは主に2つになります。

1つはプレミアム付き食事券の発行です。
25%還元されるプレミアム付食事券は10000円分購入することで12500円分の食事を楽しむことが出来たり、5000円分の食事券を4000円で購入できるといった還元・割引を受けることが出来るキャンペーンです。
もう1つはオンライン予約・利用によるポイント還元になります。事前にネット予約することでランチタイムは500円分、ディナータイムは1000円分の割引クーポンやポイントが付与されるキャンペーンです。

令和2年の10月1日から開始されたGo To Eat キャンペーンは、先行してスタートしたGo To トラベル キャンペーンと共に連日多くのメディアに取り上げられており、盛況な様子が伝えられています。
その一方で、Go To Eat キャンペーンに関連した問題を抱え、退職代行サービスを利用して退職する人が増えています。退職することを選んだ人たちに対してGo To Eat キャンペーンはどのような問題をもたらしたのでしょうか。

 

Go To Eat キャンペーンが怖い、退職代行サービス利用者が急増

 

52.Go To Eat キャンペーンが怖い、退職代行サービス利用者が急増(1)
Go To Eat キャンペーンが始まり盛況が伝えられる反面、退職代行サービスを利用して退職する方が増えている理由とは何があるのでしょうか?
その大きな要因は新型コロナウイルスの感染リスクや急激に変化する生活環境・職場環境にあります。
ここでは新型コロナウイルスが感染拡大する中でGo To Eat キャンペーンをきっかけに退職代行サービスを利用した方の事例を紹介していきます。

 

その1「急激な環境の変化に心身がついていかない。体を壊す前に退職したい。」
・営業自粛や時短営業で勤務時間が短かった。出勤日数もかなり絞られた状況が続いていたが営業自粛の緩和、ソーシャルディスタンスや感染防止策の強化に加えてGo To Eat キャンペーンのスタート。
今まで静かすぎた環境が一変し急激に職場が多忙を極めてしまいました。職場の偉い人たちもここで売上を取り返そうと躍起になっているため、辞めたいと言っても強引に引き留められる状況です。時間が経てば経つほど辞めずらい雰囲気になっていきます。
続けることも考えましたが働く人も少ないから仕事の負担が大きく、仕事量も多い、心身に限界がきておりこれ以上は続けられないと思ったので退職代行サービスを利用しました。

 

その2「給与が戻る目途もなく、このままでは生活ができない」

給与が戻る目途もなく、このままでは生活ができない(1)
・新型コロナウイルスの感染拡大から営業自粛を経て、Go To Eat キャンペーンが始まっているが利用客はまだ少ない状況。給料も営業自粛時に7割での支給になってしまった。
営業時間ものびて、これからGo To Eat キャンペーンの影響が出てくるのかもしれないが、テレビなので伝わる状況とは異なっており、給料もいつ元に戻るかわからない状況です。
このままの状態が続けば生活できないため、転職したいが人が少なく、引き留めにあってしまい退職が認められないままです。
運よく次の職場も見つかっているので、退職代行サービスを使って即日で退職したい。

 

その3「使うことができないプレミアム付き食事券のせいで、毎日トラブル」
・店の運営を考えて会社はGo To Eat キャンペーンへの参加を見送りました。でも、どこのお店でも利用できると勘違いしてしまったお客様が多くいて毎回トラブルになります。
怒っているからマスクをしていなかったり、ソーシャルディスタンスを守らなかったり、こんな環境で仕事をしていたら新型コロナウイルスに感染してしまいそうです。
新型コロナウイルスに感染しなくてもトラブル対応の毎日では精神的に限界です。退職代行サービスを使ってすぐにでも辞めたいです。

 

まとめ

 

Go To Eat キャンペーンでコロナが怖い!退職代行利用者も急増_まとめ(1)
ここまでGo To Eat キャンペーンがどのようなキャンペーンなのか、またGo To Eat キャンペーンが原因で退職代行サービスを利用した方の事例について説明してきました。

新型コロナウイルスの感染拡大により世界中が暗くなってしまった中、少しずつ光明が見えてきた状況の中でGo To Eat キャンペーンは始まりました。

メディアに多く取り上げられ割引情報など明るい情報として取り上げられている一方で、人員不足による職場環境の困窮状態や誤解によるトラブルで疲弊してしまったことで退職代行サービスを頼って退職する方が増えています。

今後Go To Eat キャンペーンをより有効に活用するため、利用者はGo To Eat キャンペーンに対して正しい知識を深めること、飲食店側としては従業員の労働環境改善や精神状態のケアを求められることが予想されます。
また一人一人がコロナ禍、アフターコロナにおける新しい生活様式を確立していく必要がありそうです。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ