うつ病とは。意味や症状

うつ病とは。意味や症状

うつ病とは。

うつ病(うつびょう)とは身体的・精神的に様々な症状が出ることをいいます。

【身体的な症状】
・疲れているのに眠れない
・食欲の減退
・いつも疲れている
・身体が重くだるい
・肩こり・頭痛がひどい
・のどが詰まった感じがする

【精神的な症状】
・不安感がある
・泣きたくなる
・消えてしまいたいと思う
・自分が悪いと責める
・何事にも興味がわかない
・楽しくない
・気分が沈み込む
・やる気が出ない

これらの症状が2週間以上続いていたなら、うつ病のサインかもしれません。
勤務先がブラック企業であったり、パワハラやセクハラ、その他のハラスメント行為などが起こっていれば、うつ病の確率が高いです。

2週間以上これらの症状が続き、仕事を続けることが困難に感じた場合、退職を検討することもあるでしょう。
うつ病になり、会社を退職する決意をした場合、自ら退職の意向を会社へ伝えることが出来なくても、退職代行サービスに依頼をすれば、仕事を辞めることが可能です。
退職代行サービスから退職希望者の退職の意向を会社へ伝えてもらえるので、退職希望者は会社に出勤することもなく、即日で仕事を辞めることが出来ます。

 

仕事を辞める時、うつ病であったならば、退職理由はうつ病となりますので退職代行サービスよりその旨を伝えてもらいます。
退職理由をうつ病とする際には、自己判断で「うつ病」と決めず、精神科・神経科・心療内科などの専門機関を受診し、医師の診断のもとうつ病と診断されれば正式な退職理由になります。

その場合、会社側から診断書の提出を求められることもあるので、医師より診断書を書いてもらいます。

また、ハローワークに失業給付金の手続きをする際にもうつ病の診断書を提出し「特定理由離職者」という扱いになれば、通常3ヶ月の給付制限期間から失業給付金の手続きをして1ヶ月後には失業給付金の支給が開始されます。

ただし、会社によっては退職届と共に診断書を提出するよう求められるケースもありますが、診断書については基本的には提出の義務はないため、提出するのが嫌な場合はその旨を退職代行サービスより会社へ伝えてもらい拒否することができます。

 

» 【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

» 退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ