管理職とは。意味と退職代行での退職。

管理職とは。意味と退職代行での退職。

管理職(かんりしょく)とは企業においてマネジメントの業務に従事している者の呼称で、組織(部門)に対する成果の責任と決裁権を持ち、一般の従業員やメンバーを指揮・管理する社員のことを指します。

 

管理職という立場上、会社と部下からの板挟みになり、会社を辞めることを決断する管理職の方や会社から執拗に慰留され、手続きが進まずに退職代行サービスを頼る方も少なくありません。

 

管理職は部下・後輩の育成と並行し、プレイヤーとして多くの業務を抱え、且つ結果を出していく必要があります。
しかし、管理職の定義は確立されておらず、責任の内容や決裁権、役割については各企業により異なります。

 

一般社員と管理職の主な違いは、以下の通りです。

・一般社員→主軸が個人にあり、個人のパフォーマンスが評価
・管理職→主軸が『組織(担当部門)』にあり、組織として総合的な効果を上げることが評価。

 

人事権・決裁権があり、労働時間や休憩、休日に関する規定が適用されないこともありますが、賞与、その他の待遇においては一般社員より優遇される場合があります。

管理職と似た役職に管理監督者があります。

管理職の一部が管理監督者に該当すると考えられることが多く、法律上の管理監督者は限定された上位の立場をさします。
労働基準法「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」と明確に定義されています。

 

管理職は「業務に対して求められる」内容と「組織に対して求められる」内容の2種類があります。

業務に対するもの
・目標設定と業務の構想
・進捗管理とPDCA(又はOODA)
・既存業務の見直し

※PDCA(Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善))
※OODA(Observe(観察)、Orient(状況判断)、Decide(意思決定)、Act(行動))

組織に対するもの
・理念や戦略の浸透
・仕事に対する動機づけと育成
・チームビルディング

 

管理職であっても会社を辞める際に、退職代行サービスを利用して会社を辞めることが可能です。

 

退職手続きついては一般社員と同様ですが、管理職であるために会社からの慰留や後任への引継ぎなどを理由に退職時期を遅らせる、退職手続きや退職後に必要な書類の発行を遅らせるといった嫌がらせの事例が発生しています。

そのため、退職代行サービスを利用して嫌がらせから身を守りたい方、円滑に退職したい方など、退職代行サービスを利用して会社を辞める管理職の方が増えています。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ