シフトを守らないと損害賠償請求?ネイリストが退職代行を使う理由とは?

シフトを守らないと損害賠償請求?ネイリストが退職代行を使う理由とは?

ネイリストは華々しく、きらびやかなイメージがあり、女性から人気を集める職業の1つです。
人気がある一方で、イメージとは異なり実際は肉体労働に近い仕事のため退職を考えている方も多く、中には職場の環境や雇用契約の内容によってなかなか辞められずに悩んでいる方もいます。
そのため退職代行サービスへ相談する方も増えており、実際に退職代行サービスを利用して退職する方も増加傾向にあるようです。

この記事では、ネイリストが退職を考える理由と「シフトに穴をあけると損害賠償請求されるのではないか」といった、退職する際に生じる心配事について紹介します。
退職代行サービスを利用することで不安を解決できる方法、退職代行サービスをおすすめする理由についても説明していきますので、ネイリストを辞めることに悩んでいる方や退職代行サービスの利用を検討している方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

ネイリストが退職したいと考える理由とは

ネイリストが退職したいと考える理由とはネイリストという仕事に憧れをもって就職したのに、退職することを考えてしまうのにはどのような理由があるのでしょうか?
主には下記の理由で退職を考える方が多いようです。

①シフト制でなかなか休みが取れない
②職場の人間関係がうまくいかず、精神的に辛い
③給料が安い等、労働条件が入社前に聞いていた内容と違う
④労働時間が長く、体力の限界
⑤オーナーや上司、顧客からのハラスメントパワハラセクハラ、カスハラなど)に耐えられない

その他には、「合わないお客様がいる」「厳しいノルマがある」「自主練習や研修が多過ぎる」など様々な理由でネイリストは退職を考えているようです。
同様の悩みで退職代行サービスに相談する方も増えており、ネイリストは大変な職業であると認識することができます。

 

決まったシフトに入らないといけない?辞める時に心配なこと

決まったシフトに入らないといけない?辞める時に心配なこと退職代行サービスの利用を検討する人が増加傾向にあるネイリストの仕事ですが、相談者の中には退職することに迷ってしまう方もいるようです。
いざ辞めると決めたのに、その決断を鈍らせてしまう要因とは何があるのでしょうか?

多くの方から聞かれる心配事の1つとして、シフトに関するものがあります。

「シフトが既に決まっているからすぐに辞めることができない」
「自分が抜けたシフトを埋めるため、同僚に迷惑が掛かってしまう」
「出勤予定のシフトにお客様の予約が入っていためいつまでも辞められない」

シフトが入っていることで仕事を辞めることができない、辞めることができても一定の期間はシフトに合わせて出勤しなければいけないのでは?といった不安がよぎってしまい、退職することに迷いが生じるようです。

2つ目にネイリストが辞める時に心配していることで、「損害賠償請求をされるのでは?」と考える方も多くいます。
ネイリストの職場は少人数のシフト制で運営している会社が大半であるため、出勤者に欠員が出てしまうと、その日に対応できるお客様の数に影響してしまいます。
また、自分のシフト内で予約しているお客様がいる場合、断らなければいけないなど、会社のその日の売り上げにも影響が出てしまうため、辞めることで会社に損害を与えてしまうのではないかと考えてしまうようです。
自身が退職することで会社の売り上げ減少に繋がり、損害賠償請求されてしまうと心配されるようです。

シフト以外では、勤め先によってネイリストとしての技術力向上を目的とした研修などの費用を会社で負担している場合があります。
辞めることで、そういった費用分を損害賠償請求されるのではないかと心配し、退職代行サービス等に相談する方も増えています。

3つ目に、ネイリストが雇用契約を結ぶ際、退職するときは2ヵ月以上前に申請が必要(会社によって1ヵ月~3ヵ月前が多い)という記載があるため、即日退職することはできないのではと心配する方がいます。
通常であれば退職日までの2か月間はシフトに入り、業務や引継ぎを行わなければなりません。退職することを決めた時点で体力的にも、退職日まで仕事を継続することは厳しいため、即日退職できるよう退職代行サービスへ依頼する方もいます。

 

損害賠償請求はされない?ネイリストがシフト制でも退職代行サービスで即日退職できる理由

損害賠償請求はされない?ネイリストがシフト制でも退職代行サービスで即日退職できる理由ネイリストの方で仕事を辞める時に損害賠償請求について心配される方は多くいます。
実際に会社へ退職の意思を伝えたところ「損害賠償請求する」と言われ、退職代行サービスへ相談する方が増えているようです。
結論からお伝えすると、特定の条件を満たさない限り損害賠償請求されることはまず無いといって良いでしょう。

万が一、損害賠償請求をされるとしたら下記のような条件になります。
会社側として損害額は大きくなく、損害賠償請求される可能性は限りなく小さいと言えるため、参考程度にしていただければと思います。

①退職する際に他の従業員の勧誘・引き抜きを行っていた。
②トラブルを起こして会社に多大な損害を与え、そのまま退職した。
③無断で退職(バックレ)、または全く連絡が取れない状況になり、何日も店を閉めることになった(営業できなかった)

上記の説明により損害賠償請求されることは無いとわかっていても、会社側から感情的に「損害賠償請求する」と言われる可能性があり(言うこと自体は個人の自由ですので)、不安に思ってしまう方もいるでしょう。
そういった状況を避けるためには退職代行サービスを利用することをおすすめします。

退職代行サービスを利用することで、第三者が間に入るため感情的な言動を受けることなく退職の話を進めることができます。
上司からの暴言に怯えて、退職することをためらう必要は無くなりますので、会社側と退職のやり取りをすることに不安がある場合は退職代行サービスの利用を検討すると良いでしょう。

また、労働組合や弁護士が運営する退職代行サービスであれば会社側と交渉することが可能です。
もし「損害賠償請求をする」と言われても退職代行サービス側が円満に退職できるように話を進めてくれますので、不安を感じることなく退職することができます。

 

まとめ

人気の職業であるネイリストですが、シフトがあり退職することが難しい、損害賠償請求されるのが不安で辞めることができない、といった悩みを抱えて仕事をされている方も多くいるようです。
組まれたシフトを守り、責任をもって仕事に臨むことは素晴らしいことです。しかし、無理をすることで心身に問題を抱えるようなことがあってはなりません。
そうなる前に退職代行サービスに相談することも1つの対策になりますし、安心できる情報を得ることができるでしょう。
もちろん退職代行サービスを利用して即日退職することができれば、悩みや不安も解消されます。退職に関してお困りの時は、まず退職代行サービスに相談してみましょう。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ