システムエンジニアの退職代行。体調不良や新卒でも退職代行を使うべき理由

システムエンジニアの退職代行。体調不良や新卒でも退職代行を使うべき理由

システムエンジニアの退職代行サービス利用者が年々増加傾向にあります。特に新卒のシステムエンジニアが体調不良などを理由に1年以内に退職代行サービスを使って退職してしまうケースが増加しています。
システムエンジニアの仕事は、長時間労働で土日に出勤しなければいけない会社も多くあり、体調不良が原因で退職代行サービスを利用して退職する人が多くいるためです。

ここでは退職をスムーズに進めたい方や客先常駐のシステムエンジニアでもトラブルなく退職を進めたい方へ向けて、システムエンジニアが退職代行サービスを利用した事例をご紹介していきます。
仕事環境や職場の人間関係がうまくいかなかったり、体調不良で仕事を続けることが難しいと感じたりする場合は、退職代行サービスを使用しての退職も視野に入れてみましょう。

 

システムエンジニアで退職代行サービスを使ったら損害賠償請求されたりしない?

システムエンジニアで退職代行サービスを使ったら損害賠償請求されたりしない?システムエンジニアの中でも、特に客先常駐しているシステムエンジニアの場合、退職することで損害賠償を求められるのではないかと心配になる方もいるでしょう。
特に新卒の方であれば初めての退職であるため、余計に気になる点ではないでしょうか。

システムエンジニアが退職の話を持ち出すと、客先常駐企業からは熱心に引き留められてしまうのが一般的です。というのも、システムエンジニアが担当していたクライアントとの関係悪化やプロジェクトが遂行不可能になることを懸念しているからです。
時には、高圧的な態度で退職を引き留めてくる会社もあり、損害賠償の話を持ち出されるケースもありますので、そういった場合は退職代行サービスを利用して穏便に退職を進めていきましょう。

もちろん、一人のシステムエンジニアが退職をするだけで損害賠償が請求されることはまずありません。それは一人のシステムエンジニアが抜けたことで損害が出ないように会社は組織を構築する義務があるからです。そのため慣れない環境で仕事をする新卒のシステムエンジニアが体調不良になって休んでも問題は無いはずです。

しかし、客先常駐企業との間で話がまとまらず強い引き留めをされることが不安な場合は、労働組合が運営する退職代行サービスか弁護士の退職代行サービスへ相談してみるのもおすすめです。

 

退職代行サービスを使えばシステムエンジニアの仕事でも即日退職できる?引継ぎは必要?

退職代行サービスを使えばシステムエンジニアの仕事でも即日退職できる?引継ぎは必要?結論から言うと、システムエンジニアの仕事でも退職代行サービスを利用すれば即日退職が可能で、引継ぎも不要になるケースがほとんどです。

新卒のシステムエンジニアで1年以内に退職をする人は約1割いると言われており、退職代行サービスを使って退職するシステムエンジニアも多くいます。

法律上は、退職の申し出から2週間経つと会社を退職することが可能で、新卒のシステムエンジニアでも同じ条件です。退職時には残業代や有給休暇を取得することができますが、新卒相手だと会社も取り合ってくれない場合が多くあります。
そのため、新卒のシステムエンジニアが退職する際は、金銭的なトラブルを避けるためにも退職代行サービスを利用することが多いのです。

退職代行サービスの中には、LINEで無料相談のみでも受け付けしている退職代行サービスもありますので、退職時の手続きに不満や不安がある際は、ぜひ一度退職代行サービスに相談してみましょう。

 

実際に寄せられた新卒システムエンジニアの職場環境や退職代行サービスで即日で辞められた体験談

それでは、実際に新卒のシステムエンジニアが退職を決意した職場環境や退職代行サービスを利用して退職した体験談を紹介していきます。

 

残業代未払いの上、仕事に将来性を見出せず退職

残業代未払いの上、仕事に将来性を見出せず退職

新卒でシステムエンジニアとして働き始めた男性は、月曜~金曜の1日8時間労働で、手取りは22万円程でしたが残業時間が月60時間を超えていたと言います。しかし残業代は一切支給されず、上司にはこの業界では当たり前のことだと諭されたと言います。
さらに、職場の先輩の月収が自分とさほど変わらない事を知った時、この仕事に将来性がないと実感し退職を決意したようです。

退職の2週間前には退職の意向を上司へ伝えましたが、強く引き留められることになりスムーズに退職を進めることができなかったそうです。
退職に悩んで体調不良になることも度々あり、色々と調べた末に退職代行サービスと出会い、退職することに成功しました。

今では新しい職場で、体調不良になることもなく、健康的に仕事をしているそうです。

 

激務続きで体調不良に、退職代行サービスを利用して即日退職

ある女性は新卒として入社後、多数の案件を抱えながら突発的なシステムトラブルの対応などに追われ、徹夜や休日出勤は当り前の激務に追われていました。月の残業時間は最高で130時間を超えたとも言います。
このような激務が続き、女性は体調不良で出勤できない状況にまで追いやられてしまいました。現状のままでは体調不良から回復できず復帰も不可能だと思い、退職代行サービスを利用して退職をすることを決意したそうです。

この女性は、退職代行サービスを利用したことで職場とのやり取りを直接することなく退職を進められたため、自身の体調の回復に専念できたと言います。

 

文系システムエンジニアが退職代行サービスを利用してすぐに転職

文系システムエンジニアが退職代行サービスを利用してすぐに転職

文系の大学出身だとシステムエンジニアの仕事が好きで興味はあっても、中々仕事についていくのが難しいケースもあります。

ある女性は、文系出身の未経験でIT業界へ進みましたが、会議で話している内容や指示された内容の意味が分からないことばかりでお手上げ状態だったと言います。
専門的な内容だとインターネット検索しても解決しないものが多く、教育を受けられる場も少ないため、仕事を投げられても上手く処理していくことができずに悩んでいました。

このような職場は人間関係が良好とは言えないケースもあり、精神的にきつくなり体調不良になる前に退職を決意されたようです。

彼女は退職代行サービスの転職サポートを利用して、提携先の人材紹介会社から同業種の転職先を多く紹介してもらえたそうです。新しい転職先は前職での悩みも理解してもらえるため、自分に合った職場を探してくれたととても満足していました。

 

客先常駐のシステムエンジニアは居心地が悪く、体調不良になる日も増加

客先常駐のシステムエンジニアは居心地が悪く、体調不良になる日も増加

客先常駐という働き方はシステムエンジニアに多い働き方ですが、他社で働くため、自分の所属している会社への帰属意識が薄まってしまう傾向もあります。

新卒で客先常駐システムエンジニアの男性は、働く場所が他社ということで毎日変に気を使ってしまい、気づかないうちに体調不良に陥ってしまっていたと言います。
自分の会社に戻っても自分のデスクがあるわけでもなく、悩みを相談する相手も見つけられず孤独感に苛まれていたようです。

いつしか彼はのような症状に悩まされ、休日は寝たきりになり、出勤日は出勤する途中で吐き気に襲われるなど精神疾患とも言える症状が出てきました。
彼は自分の体調不良が悪化することを恐れ、退職代行サービスを利用して退職をしました。退職代行サービスという第三者を挟んで退職の手続きを進めたため、常駐先企業ともトラブルなく無事退職できたそうです。

 

体調不良になる前に退職代行サービスを利用しよう

システムエンジニアは新卒の退職であっても転職は成功しやすいです。現在の職場環境に身体が慣れなかったり、負担を感じたりしている場合は、体調不良になる前に退職代行サービスを利用して退職の手続きを進めましょう。
システムエンジニアという職種は需要が高く、第二新卒でも転職がしやすい傾向があります。3年経たずに新卒で入った会社を退職した人は、まだ何色にも染まっておらず扱いやすいと捉える企業が多いため、早期退職はデメリットではありません。

次の転職先を紹介してくれる退職代行サービスもありますので、前職よりステップアップしたい場合や、前職よりも良い職場環境へ転職することも可能です。
体調を崩してしまっては、立ち直るまでに時間を要してしまいますので、「きつい」「耐えられない」と感じていたら、まずは退職代行サービスへ相談してみましょう。
相談することで悩みや抱えていた不安が晴れることもありますし、そのまま退職代行サービスへお願いして退職を進めることもできます。

 

まとめ

システムエンジニアの退職代行。体調不良や新卒でも退職代行を使うべき理由_まとめ新卒のシステムエンジニアでも退職代行サービスを利用すれば、会社や常駐先とのトラブルなく即日退職することが可能です。
長時間労働や休日返上が多いシステムエンジニアの仕事は、新卒社員が体調不良になってしまうケースも多く、退職代行サービスを使って退職する人も多くなっています。

職場環境や労働条件に悩み、働き続ける事が困難だと感じた場合は、体調不良になる前に退職代行サービスの利用を検討してみましょう。
第二新卒のシステムエンジニアの需要は高いため、転職サービスが付随した退職代行サービスを利用して、退職から転職まで全てを退職代行サービスに任せてしまうのもおすすめです。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ