正規雇用とは。意味と種類

正規雇用とは。意味と種類

正規雇用とは。意味と種類

正規雇用(せいきこよう)とは、雇用期間に制限を定めずに雇用することを指します。正社員が正規雇用にあたり、契約社員パートアルバイトなど正社員以外の雇用形態非正規雇用と言います。
正規雇用と非正規雇用の違いは労働時間と雇用期間、待遇面での違いがあります。
退職代行サービスでは、雇用形態に関係なく代行してくれる退職代行サービスもあれば、雇用形態を限定して請け負う退職代行サービスもありますが、正規雇用についてはほとんどの退職代行サービスで利用ができます。

正規雇用はフルタイム労働とも言われ、原則、所定の労働時間内は仕事に従事することが必須となります。一方、非正規雇用は自分自身で申告した、日にち、時間など都合に合わせて就業することが可能であるため生活環境に合わせて働くことができるというメリットがあります。

待遇面では、まず給与面で安定しており、昇給や昇格、賞与(ボーナス)といった制度もあるため、年収が上がっていくことで経済的に安定することができます。
また、正規雇用は社会保険・雇用保険へ加入することがほとんどで、住宅手当や資格手当などの福利厚生も十分に活用することができます。

正規雇用のデメリットとしては、非正規雇用に比べ責任の重い仕事を任されることが多いこと、会社の規模によって転勤や出向が必要になる場合があり、原則断ることができない点などがあります。
(非正規雇用は正規雇用のようなデメリットが発生することは少ないものの、雇用期間に定めがあること、収入が時給、日給で昇給する機会が少ないことがデメリットとなります。雇用保険や社会保険への加入は一定条件下で加入手続きを取ることが可能です。)

退職代行サービスを利用する場合、正規雇用(正社員)と非正規雇用(その他の雇用形態)では利用料金を別に設けている退職代行サービスもありますが、利用料金の違いは雇用形態によって退職手続きが異なっており、退職代行サービス側が確認しなければいけない事項も多いため違いが発生していると考えられます。
通常、非正規雇用の採用権はお店の店長など、直接の上司でも対応可能ですが、正規雇用の場合は人事部や役職者を経由したり、最終的には代表の承認を得なければいけなかったりと時間や手間を有することもあるためだと言えるでしょう。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ