ドラッグストアはブラック?すぐ辞めるなら退職代行がおすすめ!

ドラッグストアはブラック?すぐ辞めるなら退職代行がおすすめ!

ドラッグストアで働いている方の中には、低賃金による将来の生活への不安や長時間労働に悩みながら働いている方もいるようです。

そんな、ブラックな労働環境から退職代行サービスを使って会社を辞める方が増えています。

働いているドラッグストアがブラックだと感じ、転職を考えながらも会社を辞めることができず、我慢して仕事を続けている方や人員不足により会社から引き留めにあう方も多いようです。

今回はドラッグストアの退職事情とブラック企業の見極め方について、実際に退職代行サービスを使って会社を辞めることができた方の体験談も含めてお伝えしていきたいと思います。

 

ドラッグストアの退職事情と退職理由とは

ドラッグストアはブラック?すぐ辞めるなら退職代行がおすすめ!

ドラッグストアで働く方の中には、様々な不満や不安を抱えながら働いている方も多いようです。

実際にドラッグストアで働いている方はどの様な不満や不安を抱えているのか、どの様な理由で退職を考えるのか、過去の退職代行サービス利用者のご意見から以下にまとめてみました。

 

肉体労働が多くてつらい

ドラッグストアの業種は小売店となり、仕事内容としては商品の品出しやレジ打ち、店舗の清掃などをするため、休憩時間以外は立って仕事することがほとんどです。

また、日用品や食品を扱うドラッグストアもあり、商品によっては重いものもあるため、肉体労働を強いられることもあり、意外と重労働だったりします。

 

サービス残業が多く労働時間が長い

ドラッグストアで働いている方の中には、所定の労働時間よりも多く働いている方もおり、商品の納品時間によっては閉店後に品出し作業をする場合があります。

キャンペーンや季節ものの取り換えなどでディスプレイの配置が換わる際はお客様が退店した後に作業を行うため、終電まで残業を強いられることもあります。

ドラッグストアによっては、残業代を払わないでサービス残業をさせている会社もあり、異常に残業が多いことを理由に会社を辞める従業員が後を絶ちません。

 

従業員が足りていないため負担が多い

ドラッグストアによっては、常に人員不足に悩んでいる店舗も少なくありません。

人員募集をかけても、応募がない。入社してもすぐに辞める人が多い。など、常に人員が足りていない状態のため、休みたくても休めない、休憩も満足に取れないなどの労働問題を抱えているドラッグストアも多いようです。

ブラックな職場環境が原因で辞める人が後を絶たず、人員不足がさらに深刻になっています。

 

昇格の枠が空いていない

小規模のドラッグストアでは用意されている役員の枠が少なく、勤務年数や実績があっても昇格ができないことがあるため、出世を目指して頑張っていても、なかなか昇進ができないこともあるようです。

そのため、責任感をもって仕事をしたい方や昇進を目指して仕事をしている方は、今後の将来を見据えて会社を辞める決断をしています。

 

給料が上がりにくい

ドラッグストアで働いている方の中には、給料が上がらず悩まれる方も少なくありません。

10年以上働いていても入社当時から年収が10万円程しか変わらない方もいるようです。

また、昇格しないと給料も上がりにくい傾向にあるため、勤続年数や実績による昇給がないドラッグストアもあるようです。

 

働いているドラッグストアが実はブラック?ブラック企業の見極め方

ドラッグストアはブラック?すぐ辞めるなら退職代行がおすすめ!

入社して何年も同じ職場にいると、職場の労働環境が当たり前になってしまい、働いているドラッグストアがブラック企業なのかホワイト企業なのか分からなくなってしまうことがあります。

友達や家族に指摘されて、職場がブラックだったとはじめて知る方もいるようです。

ここではブラック企業の特徴を紹介しますので、自分が働いているドラッグストアがブラック企業なのか、参考にして照らし合わせてみていただければと思います。

【ブラック企業の特徴】
・低賃金なのに残業が多い
・サービス残業が常態化している
・労働時間が長い
有給が取れない
・休めない、休憩時間が短い
・常に人員不足が続いている

ブラックなドラッグストアの特徴は低賃金と長時間労働、人員不足です。

低賃金の職場だと人員確保も難しく、職務内容によっては給料が割に合わないと感じてしまい、試用期間中や内定が出ていてもすぐに辞める方がいます。

新入社員がなかなか定着せず人員が常に不足しているため、従業員一人当たりの労働時間も増えてしまいます。

1人でも退職者が出ると店舗の運営が回らなくなってしまうため、ブラック企業では休まずに出勤できる体力や忍耐力が必要になります。

 

また、会社の経営を維持するために辞める従業員を引き留めたことで、辞めたいのに辞めることができないといったトラブルに発展し、退職代行サービスを使って辞める方も増えています。

 

退職代行サービスを使って、ブラックなドラッグストアを辞めることができた体験談

ドラッグストアはブラック?すぐ辞めるなら退職代行がおすすめ!

現在、退職代行サービスを使ってブラックなドラッグストアを辞める方が増えていることはすでにお伝えしました。

ドラッグストアで働く人は引き留めにあいたくない。自分で会社を辞めるって言えない。という方が退職代行サービスを利用しています。

実際に退職代行サービスを使ってドラッグストアを辞めることができた方の体験談について紹介いたします。

ブラックなドラッグストアを辞めることができた方の体験談①
大学を卒業して新入社員として入ったドラッグストアで、3年間働いていました。

入社した当時はそこまで苦痛には感じませんでしたが、勤務中は常に立ちっぱなし、終電で帰ることが毎日なので、続けているうちに長時間労働が次第に苦痛となっていき、残業代も出ないのでそんなに頑張って働く必要もないと思い、会社を辞めることを考えていました。

そんな時、連日の残業で寝不足が続き、注意力が散漫になっていたのかミスをしてしまいました。

他の人が同じミスをした時は怒らないで注意だけで済んでいたのですが、私が起こしたミスに対して上司は怒鳴るように1時間程説教を続け、それがトラウマになって会社を辞める決断をしました。

上司に怒鳴られたことで、会社を辞めるにも自分で伝えるのが怖く、退職代行サービスに頼むことにしました。

友達や親から、入社してすぐにブラック企業だから辞めることを勧められていましたが、その通りですぐに会社を辞めていれば、精神的に辛くならずに済んだと反省しています。

退職代行サービスを頼んでからは出社することもなく退職手続きを進めることができ、取得していなかった有休も消化することができました。

今回は男の退職代行に頼んでよかったです。また機会があれば使わせていただきます。

ブラックなドラッグストアを辞めることができた方の体験談②
私が勤めていたドラッグストアは中小企業で、人員不足が続いていました。

会社の人たちはみんな優しい人ばかりでしたが、人員不足による長時間労働や長期の連勤もあり、体調を崩すことが多くなってしまいました。

熱があっても無理をして仕事をしていましたが、このまま続けていくのは精神的にも肉体的にもきついと感じたので、ブラック体質となっていた会社を辞めることにしました。

友人から退職代行サービスに頼めばすぐにでも仕事を辞めることができると聞いたので、わたしNEXTに申し込んでみることにしました。

私の担当の人はすごく親身に相談にのってくれて、アドバイスもしてくれて、最初は退職代行サービスに申し込むか悩んでいましたが、今では退職代行サービスに頼んで正解だと思っています。

会社の人たちからは優しく接していただいていたので、辞めるのは少し心苦しい気持ちもありますが、次の就職に向けて転職活動を頑張りたいと思います。

ブラックなドラッグストアを辞めることができた方の体験談③
新卒で入ったドラッグストアに10年勤めていましたが、入社時の給料から少しも変わらず、昇格もありませんでした。

入社当時から何度も会社を辞めるか迷い、上司や店長に相談していましたが、頑張れば昇給や昇格もあるからもう少し続けてみないかと励まされてきました。

その言葉を信じて身を粉にして働いてきましたが、10年勤務しても昇格どころか昇給の気配もなく、このまま続けていても会社にこき使われてしまうのではないかと将来の不安を感じてしまい、会社を辞めることにしました。

自分で会社を辞めると言っても前みたいに引き留めにあうのは分かっていたので、今回は退職代行サービスの男の退職代行にお願いして会社を辞めることにしました。

担当の人の指示に従って進めていたら簡単に退職ができたので、退職代行サービスは便利で最後まで安心でした。

自分みたいに退職で困っている人がいたら、おすすめしたいと思います。

転職して新しいドラッグストアで働いていますが、前みたいにブラックではなくホワイトな会社なので、安心して働けています。

前の職場の時からお付き合いしていた女性と間で結婚の話が出ていましたが、前職では自身の給料に不安があり結婚の踏ん切りがつかない状態でした。

今は前の職場よりも給料が上がり、労働時間も減ったので踏ん切りがつかなかった結婚もできました。

退職代行サービスに頼んで本当によかったです。

※ここでの退職代行サービスは「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行」のサービス内容を想定しており、どこでも同じということではありませんのでご注意ください。

 

まとめ

この記事ではドラッグストアの退職事情とブラック企業の見極め方について、実際に退職代行サービスを使って会社を辞めることができた方の体験談についてもお伝えしました。

ドラッグストアで働かれる方は、職場の労働時間や給料などから将来の不安を感じ、退職代行サービスを使って転職や会社を辞める選択をされるようです。

また、ドラッグストアによっては人員不足を理由に会社からの引き留めにあい、会社を辞めたくても辞めることができないといった事例もあります。

退職代行サービスを使って会社を辞める方が増えていますので、仕事を続けていても明るい未来が見えない、将来が不安という方は無理せずに退職代行サービスを使い会社を辞めることをおすすめします。

働いているドラックストアがブラックな職場で、仕事を辞めたくても辞めることができない場合、無理して自分1人で解決しようとはせず、退職代行サービスに頼んでみてもいいかもしれません。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ