労災とは。意味と退職代行の活用法。

労災とは。意味と退職代行の活用法。

労災とは。

労災(ろうさい)とは、労働者が勤務中または通勤中に被った負傷や疾病、傷害、死亡のことを指し、労働災害や労働災害補償保険の略語として使われることがあります。

労災(労働災害)が起こった後、職務に戻れないと判断した際は会社を辞めることも出来ます。自身で辞めることが伝えづらい場合は退職代行サービスを使って伝えることも可能です。
退職代行サービスを利用することで退職の際に受けるストレスを軽減することができるため、労災後に退職代行サービスを利用して退職する方もいます。

 

労災は業務災害と通勤災害の2つに区分されます。
業務災害
業務上で発生してしまった負傷、疾病、傷害、あるいは死亡を指します。私的行為や故意な災害、天災等は労災とは認められないことがあります。

通勤災害
勤務先や業務先への移動、または勤務先などから自宅への移動中に負傷、疾病、傷害、死亡に至ることを指します。

 

社内で労災が起こった場合、事業者は労働基準監督署に報告書を提出する必要があります。提出された報告書を基に労災の原因分析を行い、同業種の労災再発防止や今後の労働基準の推進や対策立案のために役立てられます。

労災による被害は被労災者本人だけではなく会社全体に影響を及ぼすこともあり、労働基準監督署より営業停止処分が下されるといった事例もあります。

 

そのため、日頃から安全衛生の徹底や危険予知、ヒヤリハットの共有、従業員が過重労働になっていないかなど労働環境の見直しや、従業員のメンタルヘルスケアも大事になります。従業員を守ることは会社を守ることにもなるため、労災が起こらないよう会社側は安全衛生管理に努める必要があるのです。

また、労働基準監督署より労災として認められると保険給付を受けることができます。申請手続きをすることで誰でも活用が可能です。

 

負傷などの影響で一定期間、勤務することができなくても会社をすぐに辞める必要はなく、労災の申請手続きをすることで保険給付を貰いながら治療に専念することが出来るため、職場へ復帰することも可能です。

もし、労災をきっかけに会社を辞めると決めたが、自身で会社に辞めることを言えない場合は退職代行サービスを使うことで、会社に辞める意思を伝えることが出来ます。

退職代行サービスを使えば、退職書類や必要な手続きの確認も代わりに行ってくれるため、自身で会社側に連絡する必要はありません病気や怪我を負っている中、退職手続きを自分で進めることによるストレスを感じることもありません。

 

怪我や病気が理由で会社に行くことが出来ない場合でも、退職代行サービスを使って会社に行かずに即日退職される方が増えています。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ