内定とは。意味と退職代行(内定辞退代行)の活用。

内定とは。意味と退職代行(内定辞退代行)の活用。

内定とは。

内定(ないてい)とは、企業側が新規採用や中途採用をする際に入社希望者へ採用する旨の通知をすることを指し、雇用契約の手続きを進める意図があることを知らせた状態をいいます。
また、既に入社している従業員が昇格・昇給する際、公にする前段階で該当者に昇格・昇給する旨を通知する場合にも用いられます。

企業側の採用活動時には、企業側が出す内定に対して入社希望者が承諾することで、入社するために必要な雇用契約を交わす手続きに進みます。
内定が企業側から通知された時や内定を承諾した後でも内定辞退することは可能です。自身で伝えることが難しい場合は退職代行サービスを利用して内定辞退代行を依頼することもできます。

入社希望者の内定は、下記の流れで進んでいきます。

 

内定を出す企業側の手続き

①入社希望者(面接合格者)に企業側が内定の連絡
②入社を前提に手続きを開始
③内定者と企業側で雇用契約を締結
④内定式の案内(新卒採用の場合)
⑤入社

 

内定をもらった側(求職者)の手続き

①電話やメール、書面等で企業から内定通知の受け取り
②内定通知を確認して入社の可否について返答
③入社までに必要な書類や手続きの確認
④内定式の参加(新卒採用された場合)
⑤入社

 

内定を承諾したことで必ず入社しなければいけないと考える方や、入社手続きが進んでいるため内定辞退したら損害賠償を請求されるのではないかと不安になる方もいるようです。

 

しかし、内定承諾後に辞退することも可能であり、内定を辞退したため損害賠償請求されることもありません。

自分自身で内定辞退を申し入れることができなかったことで、我慢して入社したが、後々仕事が合わずに会社をすぐに辞める、他に入社したかった企業が気になるが今の会社を辞めることができず後悔しているといった事例もあります。

 

もし自分から企業側に内定辞退を伝えることが難しい場合は退職代行サービスを利用することも可能です。

退職代行サービスは会社を辞める時だけでなく、内定辞退についても代行することが可能です。退職代行サービスを利用すれば、企業側と直接やり取りをすることなく内定辞退することが可能なため、辞めるときに企業側から何かを言われる不安やストレスを受けることもありません。

そのため退職代行サービスを利用して内定辞退する方も増えています。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ