扶養控除とは。意味と退職代行で辞める際の手続き

扶養控除とは。意味と退職代行で辞める際の手続き

扶養控除とは。

扶養控除(ふようこうじょ)とは、同一生計内で配偶者や子供など、条件を満たす扶養親族がいることで受けられる控除を指します。
自身での退職退職代行サービスを利用して退職する際、扶養控除を脱退するための手続きは必要ありません。

転職先で扶養控除の手続きを行う際は、退職代行サービスを利用して会社を辞める場合も、自分自身で退職する場合と同様に前職となる会社から源泉徴収票の入手が必要となります。
これは年末調整を行うため、転職先で改めて扶養控除の手続きをする必要があるからです。
手続きに必要な書類として前職での給与内容が記された源泉徴収票が必要となりますので、退職代行サービスを利用する際には辞める会社側へ源泉徴収票を発行してもらいたい要望を忘れずに伝えておかなければなりません。

扶養控除には「税制上の控除」と「社会保険上の控除」があります。
扶養控除を受けるための条件を満たす、扶養親族の要件についても違いがあるため注意が必要です。
それぞれの条件は下記となります。

「税制上の控除」
①扶養親族が納税者の生計を基に生活をしている。
②年間の所得金額が48万円以下である。
③個人事業主の仕事を手伝っていない。
④他の人の扶養親族になっていない。

「社会保険上の控除」
①親族(3親等内)や内縁関係者の父母や子
②75歳未満
③叔父叔母、甥姪とその配偶者など、内縁関係者は同居が必要
④扶養該当者の収入が130万円未満

扶養控除を受けるためには会社に「扶養控除等(異動)申告書」を提出すると会社側で手続きを進め、年末調整で控除を受けることが可能です。
1年間の途中で転職をする場合は、前職から源泉徴収票を入手し、提出しておく必要があります。
年末調整を行なわない場合は「確定申告」の手続きが必要になります。

退職代行サービスを利用して会社を辞める際も年末調整は会社側が手続きをしてくれますが、確定申告は自分自身で手続きしなければなりません。
会社を辞めた後の年末調整は時期や会社側の都合によって手続きができない場合があります。扶養控除を受けられなくなりますので、退職代行サービスに年末調整手続きの有無を確認してもらう必要があります。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ