エステティシャンは退職代行で辞められる?シフト制でも即日退職!

エステティシャンは退職代行で辞められる?シフト制でも即日退職!

エステティシャンの仕事はシフト制の場合が多く、即日退職は難しいと思われる方も多いでしょう。
しかし、エステティシャンのようなシフト制の仕事でも、他の職種同様に自分の意思で退職日を決める事ができます。シフトが決まっていても即日退職することが可能なのです。

店舗への影響を考慮して即日退職の希望を言い出しづらい場合は、退職代行サービスを利用して退職の意向を伝えることも可能です。
実際に退職代行サービスを利用して即日退職したエステティシャンは多く、エステ業界は退職代行利用者ランキングの上位になるほど退職代行サービスを利用する方が増えているのが現状です。

今回は、退職代行サービスを利用して職場とトラブルなく即日退職を実現させたエステティシャンの成功事例を紹介していきます。
現在の職場環境や仕事内容に不満があり、退職代行サービスを利用して即日退職したいとお考えの方は、この記事を参考にしてみてください。

 

辞めたくても辞められなかったエステティシャンの退職失敗談

辞めたくても辞められなかったエステティシャンの退職失敗談

退職希望を聞いてもらえず、シフトも決められていて退職できなかった

高校卒業後、エステティシャンとして正社員で働いていたAさんは、美容業界への興味が強く、夢を持ってエステティシャンの仕事を選んだといいます。
しかし、実際にエステティシャンの仕事についてみると、夢見ていたキラキラしていた世界とは異なり、ノルマに追われる日々だったといいます。

新人のうちは覚えることも多く、休憩をとる暇もない状態でした。そのため労働時間は毎日12時間を超え、帰宅できるのは24時を回ることも多々あり、家族や友人からは体調を心配される事も増えました。
Aさん自身も体力の限界を感じてきたため、退職を考え始めたと言います。

退職希望日の1か月前に店長に退職の旨を伝えたものの、シフトや人手不足を理由に退職を認めてもらえませんでした。
その後も何度か店長へ退職の話をしましたが「シフトが決まっているから退職は難しい。今のシフトに穴が開けば、他の従業員やお客様に迷惑がかかる。」との話だけで一向に認めてもらえる雰囲気がなかったそうです。

仕事をバックレることも考えたりしたそうですが、結局退職することなく今もお仕事を続けており、認めてもらえないまま仕事を続けなければならないなら、最初から退職代行サービスを利用して話を進めればよかったと後悔されていました。

 

過酷な仕事環境で即日退職を希望したけど、自分からは言い出せなかった

昔からお世話になっているサロンのオーナーに声をかけてもらい、エステティシャンの道を目指すことになったBさんも退職を希望通りに進められなかった方の一人です。

Bさんが入社したエステサロンは個人経営の小さな店舗でしたが、無料で施術の勉強ができ、スタッフ同士で施術を受け合えるというメリットに惹かれて働き始めたそうです。
ただ実際に働いてみるとスタッフは不足しており、Bさんが一人前になれば他のスタッフが退職できるという状況で、休みも取れない環境だったといいます。

入社2カ月後にはお店を一人で任されるようになりましたが、3歳と5歳の子供を一人で支えるBさんにとって休みが取れない環境は苦痛となっていきました。
退職希望の1か月前には辞めたい旨をオーナーへ伝えたものの退職は認められず、体調不良を理由に休みがちになっていきました。

辞めたくても辞められない状況を打破しようと退職代行サービスの利用も検討しましたが、昔からお世話になっているオーナーであるため、納得してもらえるよう自分から退職の話をしなければいけないと思い、退職代行サービスの利用は我慢したそうです。
我慢をした結果、退職の話はなかなか進まずBさんは体調を崩してしまい退職することになりましたが、退職を希望した日から半年ほどかかってしまったといいます。

 

退職代行サービスで即日退職に成功した方の体験談

退職代行サービスで即日退職に成功した方の体験談

自分だけ環境が違う、即日退職するために退職代行サービスを利用

エステティシャンになりたいと夢見て専門学校を卒業し、某大手のエステ会社に採用されたCさんは配属の環境に違和感を覚え、退職代行サービスを利用して退職しました。

新人として店舗に配属されたものの、先輩社員から研修や新人教育を受けることはほとんどなく、知識や経験も少ない中で接客するよう指示されました。
経験しながら覚えることもあるとは思いましたが、お客様に満足していただけるサービスを提供できないことに悩んだといいます。また、他の店舗に配属された同期はしっかりと研修を受けていると知り、環境が違うことも退職を考えるきっかけになったようです。

しかし新人で配属されたばかりでシフトも残っているため、直接上司へ退職の旨を伝える勇気は無くなってしまったといいます。

仕事に悩んでいる時に知人から退職代行サービスの話を聞き、退職代行サービスを利用すれば即日退職も可能なのではと考えました。
それからすぐに退職代行サービスへ依頼し、希望の退職日に即日退職することができました。

退職代行サービスを利用したことで第三者が間に入り、大きなトラブルに巻き込まれることなく、スムーズに即日退職することができたようです。

 

退職代行サービスを利用して、パワハラの横行する会社を即日退職

エステ会社の事務員として入社したDさんは、半年も経たないうちにエステティシャンの人手不足を理由にエステティシャンとして働くこととなりました。
臨時としてエステティシャンの業務につくと会社から言われていましたが、時間が経っても事務員に戻ることはなく、人手不足を理由に勤務時間の長いシフトをこなす毎日だったそうです。
さらには新人で入ってくるエステティシャンの教育係を任され業務量が増えてしまったそうです。

それに追い打ちをかけるように社長からのパワハラにより、Dさんはストレスで体調不良を引き起こしてしまいました。

退職の旨を伝えても「忙しいくらいで退職したいなんて甘えている。体調が少し悪いくらいでも仕事はできる」など、退職の話は全く聞き入れてもらえずパワハラもエスカレートしていったことから、Dさんは退職代行サービスを利用することを決意しました。

退職代行サービスへ退職の手続きを全て任せたことで、シフトは残っていましたが会社とやり取りを一切せずに即日退職をすることができました。
社長から文句を直接言われることもなく辞めることができたため、退職代行サービスを利用して良かったと感じているそうです。
また、即日退職したことにより、すぐに体調不良もなくなり、現在は自分のしたい事務の仕事に就いていて毎日充実しているとのお話もいただきました

 

シフト制のエステティシャンが即日退職するために準備しておくことは何?

シフト制のエステティシャンが即日退職するために準備しておくことは何?シフト制のエステティシャンの方が退職代行サービスを利用して即日退職を実現するためには、以下の準備をしておくと良いでしょう。

・私物の整理、貸与物の返却
有給休暇の確認

 

私物の整理や貸与物の返却

退職前に、会社や店舗に残している私物の整理や貸与物の返却または準備をしておくことをおすすめします。
私物や貸与物の整理が完了していないまま退職代行サービスでの退職を完了させても、のちのち、私物の整理のために出社を要求されることもあります。
貸与物については郵送で返却することも可能ですが、私物に関しては、社内に置いたままだと社員が処分に困ってしまうため、事前に回収しておくと良いでしょう。

 

有給休暇の確認

退職前には、有給休暇の確認も忘れずに行いましょう。
退職代行サービスへ退職代行の依頼をする際にも、有給休暇の残日数を把握しておくことで、スムーズに退職の手続きを進めていくことができます。

 

退職代行サービスを利用した場合、即日退職までの流れを確認

退職代行サービスを利用して即日退職をお考えの方は、退職代行サービスへの申請から退職までの流れを確認しておくといいでしょう。
退職代行サービスを利用した退職までの流れは基本的に以下のようになります。

①退職代行サービスへの問い合わせ・相談
②内容確認・申込み手続き
③退職代行サービスから退職の連絡・退職手続き

 

①退職代行サービスへの問い合わせ・相談

まずは、LINEやメール、電話などで退職代行サービスへ問い合わせの連絡・相談を入れましょう。
事前に相談したい内容や職場での悩み、不安を整理しておくと、退職代行サービスをスムーズに話を進めることができます。

 

②内容確認・申込み手続き

内容確認では退職希望日や有給休暇の有無など、退職にあたってどのような要望があるのかについての確認があります。
退職に関して伝えなければならない要望等がある場合は、退職代行サービスに依頼する前に情報をまとめておくといいでしょう。

 

③退職代行サービスからの退職の連絡、退職手続き

内容確認まで終われば、希望の退職代行実施日に退職代行サービスから会社へ退職の連絡をします。
退職代行サービスが会社側に連絡をし、退職に必要な手続きを確認します。あとは退職手続きを進めれば、退職が完了となります。

 

シフトが決まっているエステティシャンでも退職代行サービスなら即日退職できる理由とは?

シフトが決まっているエステティシャンでも退職代行サービスなら即日退職できる理由とは?

退職代行サービスには実績が多数あり、即日退職のノウハウがあります

退職代行サービスでは様々な職場環境や退職の条件に対応してきた実績が多数あります。
その中にはエステティシャンなどシフトが決まっていて退職を認められないと相談される方も多く、そういった問題を解決してきたノウハウがあります。
その実績やノウハウをもとに即日退職へ導いてくれるのです。
※特に「わたしNEXT<女性の退職代行>」では、女性に特化していることもあり、他社に比べエステ業界の退職代行実績が豊富にあります。

 

退職に要する期間は民法で定められている

法律上、退職までに要する期間は2週間となっています。
これは民法第627条によって定められている期間で、社内規則や雇用契約等で決められている期間とは異なります。

民法は社内規則や雇用契約よりも優先されます。
そのため会社との契約書に2カ月前までに退職の申し出をすること、と書かれていても2週間後に退職することが可能になります。また、この法律は退職代行サービスを利用した場合でも同様です。
(雇用期間に定めがないことが条件になるため注意が必要です)
退職日までの2週間は、有給休暇がある場合はそちらを消化することが可能ですし、有給が無い場合でも「わたしNEXT<女性の退職代行>」や「男の退職代行」のような労働組合の退職代行サービスを利用すれば会社は認めてくれますので、即日退職と同様の状況となります。

退職することは従業員の権利になり、法律でも守られているものです。
会社側が退職することを拒否することは法律違反に当たる場合もありますので、退職することに後ろめたさを感じる必要はないでしょう。

 

まとめ

エステティシャンの仕事はシフト制の勤務形態の場合が多く、シフトに穴をあけてしまうと店舗の運営や同僚にも影響することから退職を言い出しづらいこともありますが、退職代行サービスを利用すれば即日退職することが可能です。
退職代行サービスには即日退職へ進めるための実績とノウハウがあります。また、従業員は法律として退職する権利が守られているため、どのような環境であっても退職することが可能です。

エステティシャンの仕事や職場環境に悩みや困難さを感じた場合は、一度退職代行サービスの利用を検討してみましょう。
シフトを気にするあまり、退職することを我慢したことで体調を崩してしまう事例も多々あります。また、就労時間が長い等の理由で家族との時間も取れないといった影響も出てしまいます。
決められたシフトを守り、仕事を全うすることも大事ですが何を優先すべきか、ご自身の環境に合わせて判断していくことが重要であるといえます。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ