リストラとは。意味

リストラとは。意味

リストラとは。

リストラ(りすとら)とは英語の「Restructuring」(再構築)の略語であり、会社組織再構築のために採算の取れない事業や部署の解体・縮小を行い、それに伴って従業員数が減少すること事を指し、人員整理・解雇というイメージが定着しています。
リストラは通常「整理解雇(会社都合退職)」のみを指し、普通解雇・懲戒解雇を含みません。

リストラには黒字リストラと赤字リストラがあります。
黒字リストラとは、将来を見据えた企業構造の再構築を目的として行われるリストラ。
赤字リストラとは、業績不振で赤字の企業が人員削減・整理を目的として行うリストラで、よく耳にするリストラは主に赤字リストラを指します。

会社がリストラ(会社都合退職・整理解雇)するためには、

①会社都合退職、人員整理の必要性
②解雇回避努力義務の履行
③被解雇者選定(人選)の合理性
④手続きの正当性※労働者への説明と協議

上記4点を提示することが求められます。
しかしこの4点については大企業のみに適用されており、中小企業はその限りではありません。

リストラ(会社都合退職)は普通解雇よりも厳しい以下の条件が付与されています。

・少なくとも30日前の解雇予告、または解雇予告手当が必要。
・会社都合退職の予告が30日前に満たない場合、不足した日数分の平均賃金の支払い。

 

雇用契約の内容によっては例外的に、解雇予告や解雇予告手当なしに会社都合退職としてリストラできる場合もあります。

・日雇い労働者のリストラ
・2ヶ月以内の雇用期間を定められている季節労働者以外の労働者のリストラ
・季節労働者であって、4ヶ月以内の雇用期間を定められている労働者のリストラ
試用期間中の労働者のリストラ

リストラで会社を退職する場合は会社の都合で退職することになるため「会社都合退職」になりますが、退職代行サービスに依頼する場合は基本的には「自己都合退職」になります。
自己都合退職になるか、会社都合退職になるかで転職失業保険の受給に影響が出る場合があります。

また、会社都合退職で転職をするを余儀なくされた場合、マイナスに取られるケースも多いため転職先となる会社から退職理由を詳細に聞かれる場合があるため、転職活動の準備を入念に行っておく必要があります。
そのため会社都合退職をデメリットと感じ、退職代行サービスを利用して自己都合退職にすることは転職をスムーズに進めるための一つの方法と言えます。
会社都合退職と自己都合退職の違いを理解した上で、円満な退職、スムーズな転職を目指して、退職代行サービスの利用を検討することも必要です。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ