希望退職とは。

希望退職とは。

希望退職とは。

希望退職(キボウタイショク)とは、会社が従業員へ有利な条件を提示して自主的な退職を募る制度のことを言います。
企業側が人員削減を目的とし、任意で退職を希望する従業員を募る制度で、リストラの前段階と考えられていますが、リストラとは異なり、希望退職は従業員の意思が最優先とされ、企業側が従業員に対してリストラのように退職を強制することはしません。

また、希望退職で退職する場合にはほとんどのケースで「会社都合」として退職する形となります。
しかし会社と従業員、双方の同意が必要であるため、会社側が優秀な人材と判断して希望退職を認めない、希望退職の条件を満たさない等、場合によっては希望退職が受理されないこともあります。
退職代行サービス使って希望退職を利用することも可能ですが、募集要項に沿っているかを確認する必要はあります。

 

希望退職では募集要項(条件)が従業員に告知されるのが通例です。
募集要項に定められる項目には
・募集人数
・募集期間
・希望退職の条件(主に退職金などの金額や割合、その他優遇処置)
・応募手続
などが挙げられ、募集要項に該当する従業員が希望退職を応募することができます。

 

希望退職時のメリット、デメリットとして主なものは以下の通りです。
メリット

・退職金の積み増しが受けられる。
・会社都合のため、退職後すぐに失業手当が受け取れ、受給期間も長くなる場合もある。
転職面接で前職の退職理由を説明しやすい。
・早期に退職するため転職活動に余裕をもって取り組むことができる。

 

デメリット

・リストラとは違うため、応募しても希望退職を認められない場合がある。
・退職することが先に決まっているため、転職先が決まらないまま退職しなければならない。
・転職が決まらず、離職期間が長くなると年金の総支給額も減額してしまう。

 

退職代行サービスを利用すると通常は自己都合退職となります。
そのため、退職代行サービスを利用して会社都合での退職を希望する場合は、会社都合退職に該当する理由と証拠を準備してから依頼する必要があります。

退職代行サービスを使って希望退職する場合も、希望退職の募集要項、退職する際の要望などをしっかり退職代行サービスに伝える必要があります。
退職代行サービスをうまく活用して、文字通り希望に満ちた退職となるようにするためにはしっかりとした準備が必要となります。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ