過労死とは。意味

過労死とは。意味

過労死とは

過労死(かろうし)とは、長時間労働に加え、休みが取れずに出勤し続けるなど、仕事による過労やストレスなどが原因で、脳(くも膜下出血)・心臓疾患(心筋梗塞)、呼吸器疾患、精神疾患等を発病し、死亡してしまうことを言います。

また過労死の中には「自殺」も含まれます。これは長時間労働・過度のストレスで身体だけではなく、精神的にも大きな疲労が溜まり、「うつ病」を引き起こして自殺してしまうからです。

過労死は厚生労働省の定める労災基準を満たし、加えてその証拠をきちんと揃えていれば、労災として認められます。
労災認定をされると、最悪死亡の場合、遺族年金・遺族一時金・冠婚葬祭料の給付金が受給できます。
死亡に至らない場合でも・療養給付・休業給付・障害年金・障害一時金・傷病年金・介護給付などの補償が受けられるので、お金の不安が軽減されます。
過労死の原因の中で、もっとも問題とされている長時間残業は、ある一定の時間を超えると過労死の可能性が高くなるため「過労死ライン」と呼ばれています。

この過労死ラインは、月に80時間とされています。月の出勤で計算してみると月に20日出勤で1日4時間以上の残業をしているということになります。
仮に定時が6時として、6∔4=10。毎日22時まで仕事をしていることになります。
賃金においても60時間超の残業については5割の割り増し率で計算した割増賃金を支払わなくてはならない、と、労働基準法で定められいますが、その60時間より20時間も多いのが過労死ラインです。
過労死ラインまで労働しなくてはならない、身体的・肉体的に限界を感じており、退職を検討しているのであれば、退職代行サービスを検討してみましょう。

過労死は文字通り、命に係わる問題です。
退職代行サービスに退職の代行を依頼すれば、最短で即日退職することも可能です。
過労死してしまう前に、自分の命は自分で守りましょう。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ