モラハラとは。意味

モラハラとは。意味

モラハラとは

モラハラ(もらはら)とはモラルハラスメントの略です。
モラスハラスメントとは道徳や倫理(モラル)を逸脱した嫌がらせのことを指します。
モラハラをする者がその意識がなくともその言動に道徳や倫理(モラル)を逸脱した要素があり、相手側がそう受け取った場合にはモラハラになるとされています。

モラハラはパワハラと似ていますが、パワハラは職場上の立場や優位性を利用し、肉体的・精神的に追い詰めて、嫌がらせをすることです。パワハラには殴る・蹴る・叩くなども暴力も含まれますが、モラハラには暴力は含まれません。
またパワハラは、上司や優位性のある先輩などから受ける嫌がらせを指しますが、モラハラは同僚や同じ立場の人、部下なども含み、家庭内でもモラハラが起こるケースがあります。
モラハラの具体例を挙げてみます。

 

・無視をする
モラハラの中で最も多いものです。
挨拶をしても返事をしない、集団で無視するなどです。

・バカにしたような態度をとる
「君は何をしてもダメだね。」など相手をバカにしたような発言や、そのような発言に対しクスクスと笑うことなど。

・嫌味や悪口をいう
「一緒のチームになって仕事をするのが残念だ」「誰のせいで残業していると思っているんだ」「気持ち悪い・ウザイ」などの発言も含まれます。

・仕事を与えない。または許容量以上の仕事を与える
コピー取りや、シュレッダーなど単純な仕事しかあたえない。反対に一人では到底終わらない量の仕事を与えるなど。

 

このように、セクハラが理由で退職を考える場合、ひとりで思い悩むケースが増えています。
会社へ退職を伝えづらい、また伝えた際、更にセクハラやその他のハラスメントが起きてしまうかもしれない、と不安にもなります。
退職することができずセクハラに悩み、うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの精神病を患ってしまうといったこともあります。

モラハラは、精神的なハラスメントなので、受けた人は精神のバランスを崩し、場合によってうつ病などにかかる傾向にあります。精神的ダメージは身体に多大なる影響を与え、他の病をも引き起こす可能性があります。
このように、精神や肉体を蝕まれてしまう前に、退職を考える方が増えています。

モラハラを退職の理由として退職をするには、今まで以上のモラハラや他のハラスメントを受ける可能性があります。

退職代行サービスでは、退職の依頼を受けてから即日での退職が可能です。
退職代行サービスが、退職の意思を会社に伝えるので、会社と直接連絡を取らずに済むという最大の利点があります。

その後、退職に関する手続きに関しても同様に、退職代行サービスを介して会社とやり取りするので、そのような面からも、精神的・肉体的にも安堵感があります。
モラハラを受けて退職に悩んでいる人の駆け込み寺的存在として、退職代行サービスが注目を集めています。

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ