退職理由とは。意味や種類

退職理由とは。意味や種類

退職理由とは。

退職理由(たいしょくりゆう)とは、退職や転職をしたいと思った直接の原因や理由のことをいいます。
会社を退職しようとした際には必ず退職理由を求められますので、仕事を辞める上で避けては通れない必要不可欠な要素の一つが「退職理由」の開示となります。

 

円満な退職を望むのであれば、会社側が納得できる正当性のある退職理由が必要になります。
円満に辞めることができれば、退職日まで会社側とトラブルになることもなく、転職先との手続きの依頼などもスムーズにお願いすることができます。

また、会社との円満な退職理由が転職する際の採用ポイントとなる場合があります。
面接官が応募者に必ず尋ねる退職理由は、自社に採用後、同じ理由で辞めることがないか確認の意味もあります。

仕事を辞める際に退職理由があやふやな場合や会社側にとってネガティブな理由の場合は、引き留めにあったり、トラブルに発展しかねません。
事前に会社側が納得できる、正当性のある、前向きな退職理由を準備しておき、円満な退職が叶うように準備をすることが大切になります。

 

それでは円満に辞めることができる退職理由とは具体的にどういうものでしょうか。
以下のような本音と建前をわけて、会社側にネガティブに捉えられたり、会社がどうすることもできないような退職理由にすることが理想的と言えます。

①ステップアップのために勉強がしたい
②キャリアアップしたい
③結婚のための退職
④家庭の事情(家族の介護や病気のための退職)
⑤自身の体調不良を療養して治すための退職

トラブルなく円満に退職をするために、自分も会社も納得できる退職理由を準備しましょう。

また、雇用契約期間があり、契約期間内に退職をする場合、「やむを得ない理由」を求められることがあります。
会社に不満がある、人間関係がうまくいかない、仕事が合わない、など自己都合の退職理由の場合、雇用契約期間内に辞めることは難しいため、事前に「やむを得ない理由」をしっかり考える必要があります。
やむを得ない理由の例としては、「家庭の事情(身内の介護など)」や「自身の体調不良」などがあり、雇用契約期間がある場合はこのような理由で退職を申し出るほうが、円満に退職をしやすくなります。

 

退職代行サービスは退職をしたい人の代わりに退職に関する事務連絡を会社にし、辞めることを手助けするサービスですが、この退職代行サービスを利用する際にも必ず退職理由が必要となります。

退職代行サービスを利用する場合、退職をしたい人が会社側から退職の引き留めにあっていたり、上司のパワハラに悩んでいたり、人間関係でトラブルがあったり、退職理由は様々ですが自分で退職をするときと違い会社側へ配慮した退職理由にする必要はなく、本当の退職理由を退職代行サービス事業者を通して会社に伝えることもできます。
(退職代行サービスを利用する際も雇用契約期間内の場合は「やむを得ない理由」は必要となります)
そのため、退職代行サービス利用者の中には、自分では直接言えないけど上層部へ職場に問題やトラブルがあることをわかって欲しいという理由で依頼する方もいます。

 

 

» 【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

» 退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ