美容師でも即日退職!退職代行ならシフト制でも即日退職できる?

美容師でも即日退職!退職代行ならシフト制でも即日退職できる?

美容師の仕事はシフトが決まっていて辞められない、退職による人員の減少が売り上げの減少に直結してしまうなどの理由で、即日退職が難しいと思われがちです。
しかし、美容師の仕事でも他の仕事と同じように、自分の意思で退職することも可能だと法律で定められており、退職代行サービスを利用すれば美容師でも即日退職も不可能ではありません。

実際に即日退職をした美容師や退職を考えている美容師は多く、美容業界でも退職代行サービスを利用する方が多くいます。
ここでは退職代行サービスを利用して、職場とトラブルも無く円満に即日退職した事例を紹介していきます。

今の仕事環境やシフトの体制等に不満があり、退職代行サービスを利用してでも即日退職したいという美容師の方は、参考にしてみてください。

 

美容師はシフトや人員不足を理由に退職できないって本当?退職代行サービスで即日退職は可能?

美容師はシフトや人員不足を理由に退職できないって本当?美容業界はシフト制になっていることが多く、急に人が減ってしまうと美容院の運営がまわらなくなってしまったり、売上が減少してしまったりするため、退職を許可してもらえないことが多いようです。
実際に、退職希望日の2カ月前に上司へ退職の意向を伝えたものの、「役員に話を通してから決める」と言われ、進展の無いまま3カ月も4カ月も待たされてしまったという話もあります。
直属の上司は現場の状況を一番把握しているため、「部下の退職」という自分にとって不利益な話は意図的に無かったことにされてしまう可能性もあります。

しかしシフト制や顧客からの予約など、特殊な職場環境である美容師であっても一般の正社員と同じように退職を申し出る権利があるため、どうしても退職の意向を聞き入れてくれない職場であれば退職代行サービスを利用して退職するという方法もあります。

退職によって売り上げが減少してしまう、人手が不足してしまうなどの問題があっても、美容師が退職することを店側が認めないということは違法行為にあたりますが、実際に職場の不利益を理由に退職することを拒否されたり、シフトを理由に執拗に引き留めたりされて退職の話が進まない方も多く、そのような方は退職代行サービスを通して退職することを伝えるという方法で即日退職を実現している方も多いのが現状です。

そのことは「職業別退職代行利用者ランキング」において、「美容・エステ・ネイル」で働いている女性が退職代行サービス利用者ランキングで8位にランクインされていることを見てもよくわかります。

 

美容師の仕事はこんなに辛い。退職代行を使おうと決めたきっかけとは?

美容師の仕事をしていると、肉体的・精神的に辛い、もう出勤したくないので即日退職したいと感じることが多くあるようです。
今回は退職代行サービスを利用して退職をした方・退職代行サービスでの退職を検討している方の実体験を4つご紹介いたします。

 

[労働環境が劣悪]

美容師が退職代行サービスを利用して即日退職を希望することが多い背景に、美容業界では労働環境が劣悪な店舗が多いことが挙げられます。

美容師になりたてで、アシスタントとして働いていた男性は朝8時から夜23時まで働いていました。閉店後は練習のために深夜近くまで残ることが多かったそうです。
休みは週に1日しかなく、その休みもお店の都合で出勤させられることがあったと言い、彼の職場の労働環境がとても悪いことが伺えます。

彼にはそのハードな仕事環境が耐えられず、これ以上続けていては自分の身体や精神がおかしくなるのではないかという恐怖で退職代行サービスを通してお店を辞める事を決意したそうです。

 

[職場でコミュニケーションが取れない]

職場でコミュニケーションが取れない美容業界はお店によって美容師同士のコミュニケーションが薄く人間関係が構築されていない現場もあります。

周りのスタッフたちがドライすぎて、必要不可欠なコミュニケーションがおろそかにされている現場で働く美容師の女性も退職代行サービスを利用した人の一人です。
毎日暗い雰囲気の中で仕事をしなければならない上に、お客様の前では笑顔で接客対応を行わなければいけないその空間は、辛く、憂鬱でしかなかったと言います。

毎日顔を合わせる人々と、全く会話ができないのはとても辛い状況ですが、美容室は勤務先の美容室以外にもたくさんありますので、退職代行サービスを利用して即日退職し、自分に合った新たな職場へと転職されました。

 

[出産を控えているのに休暇をもらえない]

ある美容師の方は妊娠8カ月を迎えており、労働基準法に従えばあと2週間程で産休を取得できるはずでした。
産休とは産前産後休業といい、労働基準法65条に基づいて出産前の6週間と出産後8週間は本人が要求すれば休業を取得することができます。

しかし、職場の上司は産休を与えてくれる気配が一向にないため、彼女は産後のことも考え辞意を伝えましたが、それも受け入れてもらえなかったため、すぐに退職代行サービスへ依頼して即日退職する事を決断したといいます。

美容師はスタッフ一人一人にお客様が付くことも多いため、人が減ることがお店の売り上げに影響することは分かりますが、出産という一大事に休暇を与えてくれない職場はあまりにも酷い職場環境です。
退職代行サービスを通せば、直接店長や上司と話をする必要が無くなりますので、この方のように話も聞いてもらえない場合は退職代行サービスを相談してみることも一つの方法でしょう。

 

[連日の接客対応に苦手意識が芽生える]

髪の毛をセットアップしたり、お客様を綺麗にすることは好きではあるが、毎日の接客に苦手意識が芽生え、退職代行サービスの利用を検討しているという方もいます。

もともと、接客に苦手意識は無かったものの、それが毎日続くと辛くなってきてしまい、美容師への向き不向きを考えるようになったと言います。
この先自分がどのような美容師になっているのか、将来のビジョンが全く浮かばなくなり退職代行サービスの利用を検討しているようです。

どんな仕事でも、働いてみないと分からないことがたくさんあり、働いてみてからその職に向いていないと気づいてしまうことも多々あります。
仕事に対して身が入らないようでしたら、転職支援も行っている退職代行サービスを利用して、新たな業種へチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

シフトに入っていても大丈夫、美容師が即日退職できる理由

シフトに入っていても大丈夫、美容師が即日退職できる理由美容師の仕事がシフト制であっても、労働組合の運営している退職代行サービスを利用すれば即日退職をすることができます。

民法第627条には、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる」との記載があります。
つまり、雇用契約で雇用期間についての記載がない場合は、労働者はいつでも退職の意思を伝える事ができるのです。

この法律を元に退職代行サービスは退職希望者の意向を職場へ伝えてくれ、退職の手続きを進めてくれます。
さらに、労働組合の運営している退職代行サービスであれば、有給消化や未払い残業代の請求など、退職時に気になることや要望を会社側に伝えることができます。

自身が退職する際に必要な要望に合わせて退職代行サービスを選ぶ必要があります。有給消化や未払い残業代の請求を検討している場合は、労働組合の運営している退職代行サービスに相談してみると良いでしょう。

 

美容師でもシフト制でも退職するのに不安がある場合、退職代行サービスとバックレ退職(飛ぶ)はどちらがおすすめ?

上司の態度が高圧的で退職できるのかが不安に思っている方、職場のトラブルで今すぐにでも逃げ出したいと思っている方は退職代行サービスへ相談してみましょう。
突然欠勤してそのまま姿を見せなくなる、いわゆるバックレ退職(飛ぶ)は就業規則にも違反している行為のため、即日退職や円満な退職の弊害となる可能性もあります。

もう職場から逃げたい、顔を合わせるのも嫌だと感じている方はまずは退職代行サービスへ相談して、トラブルが起きない退職方法を取りましょう。
退職代行サービスを利用すれば、スマホのラインやメールから相談や申込をすることができ、職場と直接やり取りをする必要が無く退職を進めることができます。

また、希望があれば退職代行サービスが即日退職の手続きを進めてくれますので、穏便に退職を済ませたい方は退職代行サービスへ相談してみましょう。

 

まとめ

美容師でも即日退職!退職代行ならシフト制でも退職できる?_まとめ美容師の仕事はシフト制の勤務形態の場合が多く、シフトに穴をあけてしまうと他の人に迷惑をかけてしまうことから退職の話は言い出しづらいこともありますが、退職代行サービスを利用すれば即日退職することができます。
退職を希望することは業種に関係なく法律で認められている権利ですので、雇用主が意見を聞き入れてくれない場合は、退職代行サービスを通して退職の手続きを進めてもらいましょう。

消化しきれていない有給が残っていたり、残業代もしっかり受け取ったうえで退職したい場合は労働組合の運営している退職代行サービスへの依頼がおすすめです。
職場の人間関係や労働環境、上司の態度など、働き続ける事が困難だと感じた場合は、次の転職先を紹介してくれる転職サポート付きの退職サービスを利用するといいでしょう。

何よりも自分の人生です。
健全で充実した生活を送るためにどの道を行くのが自分にとっていいのか、よく考えて選択することをおすすめします。

 

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ