年末調整とは。意味と制度

年末調整とは。意味と制度

年末調整とは。

年末調整(ねんまつちょうせい)とは、毎年12月に税額が確定する1年間の所得税額と、毎月の給与や賞与から控除されている所得税額の総額を比較して、所得税額の過不足を計算し、多く控除されている場合は還付し、足りない場合は徴収するなど、所得税額の差額を計算して調整する作業のことをいいます。

毎年12月にならないとその年の所得税率は確定しないため、会社はおおよその税率で給料や賞与から所得税を控除しています。そのため、従業員が年間に給料から差し引かれる所得税は、本来支払うべき税額と異なる場合があり、正しい税額に一致させるために年末調整で差額の調整を行う必要があります。

年の途中で退職し、転職や再就職をする場合の年末調整には源泉徴収票が必要となります。
転職先の会社にて前職の会社の源泉徴収の内容と、転職先での源泉徴収の内容を合算して年末調整を行います。

【年末調整の対象となる人は以下の通り】
・年の途中で採用され、年末までその会社で勤務している者
・1年を通じて同じ会社で勤務している者
・海外勤務を含み、年の途中で日本国から出国した者
・年の途中で退職し、かつ次の4つのうちいずれかに該当する者
①死亡したことにより、退職となった者
②12月中の給与を受けた後に退職した者
③心身障害などの症状により退職した者で、本年中に再就職できないと見込まれる者
④パート・アルバイトで、退職後に再就職をしない者で給与総額が103万円以下の者

年末調整に必要な書類は以下の8点です。
・源泉徴収票
・給与支払報告書
・所得税徴収高計算書
・法定調書合計表
・扶養控除等申告書
・配偶者特別控除申告書
・保険料控除申告書
・住宅借入金等特別控除申告書

退職代行サービスを利用して退職をする場合でも年末調整で必要な源泉徴収票の発行は可能です。その場合は退職代行サービスを通じて会社へ源泉徴収票の発行を依頼しましょう。
源泉徴収票はパート・アルバイト関係なく給与が支払われる場合すべての人に発行される書類ですが、退職代行サービスを利用する際には事前に退職代行サービスへ実施時に発行希望を会社へ伝えるよう依頼する方が良いでしょう。
源泉徴収票は年末調整に関わる大切な書類になりますので、年末調整まで必ず保管しましょう。

 

【退職代行の辞書】退職代行サービス及び退職用語一覧へ

退職代行サービスや退職に関する用語を調べるなら「退職代行の辞書」

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ