ウィズコロナで退職代行サービスが大盛況!?その意外な理由とは

ウィズコロナで退職代行サービスが大盛況!?その意外な理由とは

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、緊急事態宣言の解除後を「ウィズコロナ」と呼ぶようになりましたが、新型コロナウイルス終息後も感染拡大により開始したテレワークや自宅待機といった感染予防策を継続したり、新しい働き方を模索したりと、仕事環境への影響は大きなものとなっています。

その新型コロナウイルス終息後のウィズコロナ下で、就業の変化や通常の勤務形態へ戻ることに不安や不満を感じ、退職代行サービスを利用して退職する人が急増する現象が起きています。ウィズコロナ下で退職代行サービスを利用する人が増えている背景には何があるのでしょうか?本記事では、その意外な理由について記載していきたいと思います。

 

ウィズコロナとは、意味

まずは前提となるウィズコロナの意味について説明します。
ウィズコロナとは、新型コロナウイルスの感染拡大が終息に進みつつある中で、新型コロナウイルスの感染をどのように防いでいくか、その感染対策を施した生活様式や職場環境を指します。類似した言葉でアフターコロナと言われることもあります。

ウィズコロナとして、新型コロナウイルスと向き合い、感染を防止しながらどのように生活していくかが注目されており、そこには就業環境への変革も含まれています。

 

ウィズコロナによる退職代行サービス利用の背景

ウィズコロナによる退職代行サービス利用の背景

新型コロナウイルスの急速な感染拡大により政府より緊急事態宣言が発令され、通勤や仕事を行う環境に大きな変化が起きました。満員電車を避けるために時差通勤や出勤日数の削減を推進する企業、テレワークへの切り替えを進めるなど様々な施策がとられています。

新型コロナウイルスの感染が終息に向かっていく今後も人と接触する時間を減らすために残業時間の抑制、フレックスタイム制度の導入・拡充、有給休暇の取得を促進するなど、新型コロナウイルス感染拡大によってウィズコロナとして働き方改革は継続しています。

一方、緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルスの感染拡大前の勤務へ徐々に戻っている方も多くいます。テレワークが解除され通常の電車通勤が再開する、自粛期間には無かった客先への訪問で公共交通機関を使うことが増える等、新型コロナウイルス感染拡大前に通常行っていたことが新型コロナウイルスの感染拡大を機に大きなストレスとして感じるようになっています。

新型コロナウイルスの感染リスクや大きなストレスを抱えたままずっと同じ仕事を続けていくのは難しいでしょう。ウィズコロナで働き方や生活様式を見直ししなければいけない状況で、以前の働き方を再開することは新型コロナウイルス感染のリスクが高まると考えられます。当たり前のように過ごしていた日常がストレスに変わってしまうとは不思議な状況です。

そのような中、ウィズコロナとしてリスクを減らすためにも退職して仕事を変える必要性を感じている人も増えています。しかし、企業側としては業績が厳しい中、会社の業績を復活させるために貴重な人材を失うわけにはいきません。そのため、退職を希望した人達は必要以上に会社からの引き留めにあってしまい、上手く退職することができずに悩んでいる方が多くいます。

そこで注目を集めているのが退職代行サービスです。会社からの引き留めにあうこともなく、会社と直接やり取りする必要がない退職代行サービスに対するニーズは非常に高まっています。

 

ウィズコロナで退職代行サービスが大盛況!?退職代行サービスを使う理由

ウィズコロナで退職代行サービスが大盛況!?退職代行サービスを使う理由

ウィズコロナによって退職代行サービスを利用する人が急増している背景は前述した通りですが、では実際にどのような理由で退職代行サービスを使っているのでしょうか?以下ではその主な退職理由を紹介したいと思います。

・以前のような電車通勤に戻りたくない(通勤での新型コロナウイルス感染リスク、満員電車がストレス、通勤時間がもったいない等)
・テレワークがなくなり、オフィスで上司と顔を合わせて仕事をするのが嫌。
・外出の身支度が面倒。テレワークなら着替えや化粧などの時間も不要で楽。
・元々向いてないと思っていた仕事を続けていたが、テレワークで時間に余裕ができて考える時間が増え、新しくやってみたい仕事を見つけた。

上記のようにテレワークが快適過ぎることや、時間に余裕ができたために、ウィズコロナによって以前の勤務形態に戻ることへの不満が引き金になり、自分では言いにくいために退職代行サービスを利用するケースも多くあります。

その他にも、

・新型コロナウイルスによる会社の業績への影響が大きく、会社の先行きが不安になった。
・親から接客を伴う仕事は辞めてほしいと言われた。
・外国人客を扱う仕事で休業していたが、終息してウィズコロナとなり、営業を再開したため勤務も再開になった。新型コロナウイルス感染リスクを避けたいので退職したい。
・ウィズコロナになってもコロナハラスメントが継続してあり、耐えられなくなった。

などがウィズコロナが原因で退職代行サービスを利用して退職する退職理由にあげられ、自分で退職を申し出たが強い引き留めにあったり、会社の状況的に自分では退職を言い出しにくい雰囲気のために退職代行サービスを利用するといったことが多く、ウィズコロナによってそういった方が退職代行サービスに一気に押し寄せることになり、退職代行サービスが盛況となっている要因となっていると考えられます。

 

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大を経て、仕事や勤務環境に対する考え方にも変化が生じています。現状の職場でその変化に対応できないのであれば退職を考えるのは当然の流れと言えるでしょう。

今後も新型コロナウイルス感染のリスクを回避するため、ウィズコロナの新しい生活様式への変化によるストレスを軽減するため、退職や転職を検討する人は増加していくことが予想されます。そういった人たちにとって退職代行サービスは、ウィズコロナの生活様式を確立していくための一助になっているのかもしれません。

カテゴリ「退職代行サービスのトリセツ」の記事一覧

 

     

「退職代行サービス」の利用について

「わたしNEXT<女性の退職代行>」「男の退職代行<男性専門退職代行サービス>」では、自分では言いにくい「辞めさせてほしい」を自分で言わなくても代行して伝えてくれる「退職代行サービス」を提供しています。

退職代行サービスは、会社に行かずに誰とも会わず連絡もせずに退職できるのも大きなメリット。退職手続きについてもサポートしますのでどうしていいかよくわからなくてもお任せいただけます。

わたしNEXT、男の退職代行の退職代行サービスは、退職成功率100%、即日当日退職可能、ご相談無料(LINE、メール、電話)、転職成功への近道である転職サポートも無料でご利用いただけます。

全国対応ですので24時間いつでもご相談ください。

わたしNEXT<女性の退職代行>ロゴL

男の退職代行ロゴ